【初心者でも簡単】電脳せどりのオススメ販売先

この記事で分かること
  • せどり初心者にオススメの販売先
かりん

せどりで商品を仕入れたけどどうやって売ればいいんだろう?

なおひ

そんな時はネットショップやフリマアプリのプラットフォームを使うのがオススメだよ

かりん

そんなプラットフォームがあるんだね!
でもどれを使えばいいんだろう?

本記事では電脳せどりで仕入れた商品のオススメ販売先を紹介します。

こんな人にオススメ
  • 電脳せどりを始めたい人
  • 商品をどうやって売ればいいかわからない人
  • お手軽に稼ぐ方法を知りたい人
この記事の著者
  • 本業と副業を両立する会社員
  • 年間売り上げ900万円以上達成
  • 月当たり利益10万円以上達成

運営者プロフィール・Twitter(@Naohi99

電脳せどりとは何か知りたい人はこちらの記事で解説しています↓

あわせて読みたい

目次

電脳せどりの販売先

かりん

商品を売れるプラットフォームって何があるの?

ネット上で商品を売ることが出来るプラットフォームの一例は以下の通りです。

売れる場所

  • Amazon.co.jp
  • ヤフオク・メルカリ・ラクマ
  • eBay

Amazon.co.jp

Amazon.co.jpの画像

せどり初心者が商品を販売する場所として最もオススメなのがAmazonです。

理由は以下の通り。

Amazonがオススメの理由

FBAプログラムは非常に便利だから

Amazon特有のサービスとしてFBAプログラムというサービスがあります。

これが非常に便利なため、せどりをする人の9割以上は売るといったらAmazon一択な状態です。

FBAを利用するメリットは以下の通りです。

FBAのメリット

  • 簡単に自分の店を持てる
  • 各種作業をAmazonが代行してくれる
  • 集客が不要

Amazonで物を売る為にはAmazonの出品用アカウントが必要です。

この出品用アカウントは既にAmazonアカウントを持っている人なら簡単に作ることが出来ます。

なおひ

Amazonアカウントなら一家に一台ある人が多いですよね

更に以下のような売却に関わる色々な作業をAmazonが代行してくれます。

代行してくれる作業

  • 在庫の保管と発送
  • 顧客対応
  • 代金回収

販売するときに面倒な作業をほとんど代わりにやってくれるといっても過言ではないサービスです。

かりん

これは便利すぎる!

更に天下のAmazonサイト上に店を出せるので勝手にお客さんが集まってくれるため、自分の店を宣伝する必要もありません。

なおひ

自分で販売サイトをつくるとなったら集客が一番大変なのでこのメリットも大きいです

Amazonで出品用アカウントを作る時には大口アカウントと小口アカウントを選ぶ必要があります。

大口アカウントと小口アカウントの比較表は以下の通りです。

スクロールできます
アカウント種類大口アカウント小口アカウント
FBA使用料月額4,900円(税抜)商品1個あたり100円
各種レポート利用可利用不可
カート獲得資格ありなし
コンビニ決済・代引決済不可
出品商品の新規登録不可

まずはお試しで数個売ってみるくらいなら小口、本格的に副業として始める人は大口のアカウントがオススメです。

各商品の手数料は商品カテゴリーによって8%~45%まで変化します。

例えば本であれば15%、パソコン・周辺機器であれば8%という感じです。

手数料はこちらで見ることができます↓

Amazonで出品サービスの手数料

なおひ

個人的にはメインの販売先はAmazon一択です
それくらい便利です

出品者用アカウントをつくるにはこちらから↓

Amazon seller アカウントを作る

ヤフオク・メルカリ・ラクマ

フリマサイトの画像

その他にせどり初心者が出品する先として、ヤフオク・メルカリ・ラクマなどフリマサイトもオススメです。

これらをオススメする理由は以下の通り。

フリマサイトがオススメの理由

出品や発送が非常に手軽に出来るから

フリマサイトのメリットは何といってもその手軽さです。

アカウントを作るのも簡単で、出品も写真を撮って軽く説明書きを書くだけなので非常に簡単です。

なおひ

10分もあれば簡単にものを出品できます

メジャーどころはヤフオク・メルカリ・ラクマの3つです。

それぞれの比較表は以下の通り。

フリマサイト

手数料一般会員10%
プレミアム会員8.8%
(月額508円)
10%3.85%
メリット大量出品するならプレミアム会員がお得認知度が高く売れ行きが良い手数料が安い
デメリット販売価格が不安定手数料が高い
価格交渉が面倒
やや認知度が低い

このなかであれば個人的にメルカリが売れ行きが良くオススメです。

せどりをする上で、フリマサイトはメインの販売先ではなく、サブの販売先として運用するのがオススメです。

理由は以下の通り。

サブ運用がオススメな理由

メインとしては売り上げが安定しない一方、在庫処分するには優秀だから

ヤフオクはオークションという性質上、どうしても販売価格が安定しません。

メルカリ・ラクマも周囲の出品者の価格に左右されたり、価格交渉が発生したりとメインとして運用するには煩わしい要素が多いです。

なおひ

手軽さの反面、やや安定しない部分があるのは仕方ないです

一方、どうしても売りたい場合は多少相場より安く出品すればすぐに売ることができ、振り込みのサイクルも早いので在庫処分にはうってつけです。

その為、メインはAmazonで出品し、どうしても残った在庫の処分にフリマサイトを使うという運用が安定するのでオススメです。

なおひ

どちらかではなく使い分けがオススメです

eBay

Amazon、フリマサイトサイト以外だとeBayもあります。

eBayの特徴は以下の通り。

eBayの特徴

  • 海外向けに販売することが出来る

Amazonやフリマサイトは基本的に国内向けのため、海外に向けて物を売りたい人はeBayを使いましょう。

ただし、これからせどりを始める初心者の人にはおススメは出来ません。

eBayで出品するためには各種手続きが大変なため、店を持つ前に挫折する可能性が高いです。

そのため、ある程度せどりに慣れてきて海外向けに商品を売りたい人にオススメのプラットフォームです。

なおひ

中・上級者向けです。上手く使えば競合が少ないので利益が上げられます。

まとめ

何はともあれせどりで販売するためにはまずAmazonで出品することをオススメします。

なおひ

正直、感動するくらい便利でした

かりん

仕入れに集中できるのがいいところだね!

そこでまず慣れてからフリマサイトを併用したり海外に目を向けたりという順番で拡大すると利益を増やすことが出来ます。

せどりを始めたい人向けに準備すべきものはこちらの記事で解説しています↓

今回の内容は以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク↓

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる