【配当金が欲しい】米国高配当ETFを比較し、実際に投資する

かりん

お金欲しいー!資産築いて不労所得で暮らしたい。

なおひ

わかる

仕事を辞めて不労所得で暮らすのって夢ですよね。

今回の記事では不労所得の一つ、配当金を得られる投資について紹介します。

仕事を辞めるまでいかなくても将来の不安を減らすために資産形成をする人は最近増えています。

なおひ

僕も資産形成の為に積立NISAで投資を始めています

積立NISAの方は現在順調に資産が増えており、全く問題はありません。

積立NISAの運用成績

積立NISA可能な投資信託は基本的に投資で得られる配当は再投資されます。

その為、複利の力を利用してドンドン資産が増えていきます。

かりん

逆に言うと配当金もらえないんだねえ

僕は投資を始めたての頃、投資=配当金が貰えるものと思っていました。

なおひ

資産を増やすには積立NISAは良いけど、配当金を貰える投資もしたいなあ

かりん

手元の現金が増えるとテンション上がるよね

色々調べた結果、配当金を貰う為の高配当米国ETFへの投資を始めることにしました。

今回は米国高配当ETFについてと実際に僕が購入した銘柄まで紹介したいと思います。

なおひ

投資して配当金が欲しい方必見!

こんな人にオススメ

  • 投資初心者の人
  • 投資して配当金が欲しい人
  • ETFについて興味がある人
日本ファイナンシャルアカデミー
目次

投資信託では配当金はもらえない?

投資信託でも配当金を貰えるものはあります。

しかし、投資した元本を減らして配当金を出すものなどがあります。

お金が増えているようで実際は自分のお金を切り崩しているだけなので全く意味がありません。

かりん

ただ貯金崩してるのと同じじゃん!

なおひ

複利の力も働かなくなるからメリットが薄いんだよね

もちろん中にはちゃんと配当金を貰える優良投資信託もあります。

しかし、投資信託は無数にあるので探すのも大変です。

かりん

初心者にはどれを選んでいいか分からないよー!

なおひ

積立NISAにあるような投資信託ならば間違いなく優良です。
しかし今度は配当金が出ません…

個別株となると投資信託より更に数が多く、企業分析も必要なので大変です。

なおひ

何かちょうど良いものないかなあ

そう思っていた時に見つけたのがETFでした。

ETFとは

ETFとは以下の定義です。

証券取引所に上場し、株価指数などに代表される指標への連動を目指す投資信託

引用|一般社団法人投資信託協会

上の定義の通りで基本的にはETFは投資信託の仲間ということになります。

日本語では「上場投資信託」と呼ばれます。

一般的には「Exchange Traded Funds」の頭文字をとってETFと呼ばれます。

かりん

略称なんだね!

投資信託との違い

かりん

投資信託の仲間なのになぜ呼び方が違うの?

なおひ

分類は近いけど性質が全然違うんだよー

ETFと投資信託の違いは証券市場に上場しているかどうかです。

かりん

それだけ?

なおひ

本質的にはそれだけだよ
ザックリ言うと買う場所が違うんだよー

投資信託は購入するときには基本的に銀行や証券会社の窓口で売り買いします。

これに対してETFは市場で取引を行います。

これにより以下のような特徴が出てきます

  • 売買に必要なコストが安い
  • 元本を減らして配当金を出されることが無い

ETFの場合、市場で取引する為、銀行や証券会社の窓口の人の費用が掛からない分コストが割安になっています。

かりん

人件費の分だけ安上がりなんだよ!

その分売買するのが面倒なのかというとそんなこともありません。

なおひ

楽天証券を使っていますが、非常に簡単に売買できました

かりん

私みたいな初心者でも楽々だったよ!

その為、手間が増えることもなくコストが安く済みます。

また、ETFの場合は元本から切り崩して配当金を出すということが出来なくなっています。

なので貰える配当金は純粋に運用によって得られたものです。

かりん

投資信託の時みたいに自分の資産を削られる心配はないんだね

なおひ

この辺の分かりやすさもETFの良いところです。

この辺は両学長という方がやられているリベラルアーツ大学という動画を見ると分かりやすいです。

なおひ

僕もこの動画を見ながら勉強しました

ETFを買おうと考えた理由

僕がETFを買おうと考えた理由は以下の二つです。

  • 配当金が貰える投資がしたい
  • 投資信託の中から優良かつ配当金が出るものを選ぶのが大変。

折角なので配当金を貰って不労所得を味わってみたいというのが大きな動機です。

かりん

少しでも不労所得が欲しい!

なおひ

やっぱり現金がもらえるとテンション上がる!

しかし、投資信託の中から良いものでかつ配当金が出るものを選ぶのは大変だと感じました。

なおひ

良い投資信託を選ぶだけなら積立NISAするだけで良いんですけどね

その点ETFは配当金が出なかったり、元本から切り崩されたりという心配が無いのでまだ選びやすいと感じました。

日本にするか海外にするか

これは正直海外一択でした。

理由は明確です。

これまで株価が伸びてきているから

海外の中でも米国への投資で考えています。

代表的な指標を以下に貼りつけます

日経平均

S&P500

かりん

日本はここ30年あまり増えてないね。

なおひ

アメリカは増減はあれど基本右肩上がりだね
差は歴然

配当利回りなど銘柄別比較

かりん

ということでアメリカのETFを買って配当金をもらおう!

なおひ

具体的に何を買うか調べていこうか

今回はネット上で調べた人気ランキングなどから以下の5種類から絞り込むことにします。

候補:SPYD,VYM,HDV,VOO,QQQ

かりん

最初だし王道のものから選ぶよ!

今回の銘柄選定の基準はと優先順位は以下の通りとします。

1 手数料が安い
2 配当利回りが高い
3 安定して伸びてくれる

まずは手数料が安いことが大事と考えました。

かりん

無駄なお金は払いたくないもんね

なおひ

安いに越したことはないね

その上で今回は配当金を得るのが目的です。

かりん

出来るだけ沢山配当がもらえるところがいいよね

なおひ

今回の一番の目的だね

ただ、配当がもらえたところで安定して伸びてくれなくては意味がないのでちゃんと伸びてくれるものを選ぶという考えで行きます。

かりん

ETFの価値が下がると資産減っちゃうもんね

なおひ

安定性(安心感)は大事

銘柄比較表

候補の銘柄比較表は以下の通りです。

銘柄経費率直近
配当利回り
5年
トータル
リターン
セクター
構成比率
備考
SPYD0.07%3.92%10.17%金融    23.75%
不動産   19.41%
エネルギー 13.83%
配当利回り上位80銘柄
VYM0.06%2.51%12.01%金融    22.60%
生活必需品 12.80%
ヘルスケア 12.10%
米国高配当株を全般
HDV0.08%3.35%7.86%エネルギー 17.93%
ヘルスケア 16.53%
生活必需品 15.46%
財務健全性が高い
VOO0.03%1.39%17.43%IT     26.30%
ヘルスケア 13.00%
一般消費財 12.10%
ほぼS&P500
QQQ0.20%0.46%26.90%IT     63.76%
一般消費財 17.09%
ヘルスケア 11.79%
ナスダック100指数の株

※2021年度6月時点の情報です。

まずは手数料の経費率を見ていきます。

基本的に人気株から選んでいるので大半が0.1%以下となっており、十分低いです。

かりん

さすがに人気のものはみんな安いねー

なおひ

この中ならばどれを選んでも良さそう

次に、配当利回りを見るとSPYDとHDVが高いですね。

かりん

配当は結構違うんだねー

なおひ

3%超えは魅力的に映るね

その反面、5年トータルリターンで行くと配当利回りが高い2つが低くなっています。

配当を出さない分伸びるのである意味当然かもしれません。

かりん

それでも利回り3%オーバーの二つもちゃんと伸びてるね

なおひ

どっちも問題なさそうに見えるね

購入する銘柄

後はSPYDとHDVどちらにするか、という部分ですが今回はどちらも購入しようと考えています。

個人的な印象は以下の通りです。

SPYD

選定基準: S&P500の配当利回り上位80銘柄を選定

性格:配当利回りをとにかく高く

オフェンシブなETF

HDV

選定基準: 財務健全性が高い銘柄を選定

性格: 安定感を重視している

ディフェンシブなETF

また、セクター構成比率をみてもお互いにかぶっている部分は少ないです。

これらの特徴から、どちらか片方よりも2つ持っておくことで安定するように思われます。

なおひ

二つ持っておくことで配当金を増やすために攻めながらも堅実な投資が出来そうに思えます

かりん

攻防一体だね!

以上の考えからSPYDとHDV両方とも購入することにしました。

ちなみに今回の購入内容は以下の通りです。

購入した銘柄購入した株数購入金額
SPYD5株24,415円
HDV2株23,167円

ちなみに購入するときは権利落ち日がいつなのか確認してから購入するようにしましょう。

なおひ

確認しないと悲しい結果が待ってます…

かりん

実際にやらかしたもんね

まとめ

ということでこれから毎月SPYDとHDVを少しづつ積み立てていこうと思います。

なおひ

運用成績は毎月報告します!

かりん

お楽しみに!

ETF以外にも積立NISAの運用もしているので併せて読んで頂けると嬉しいです↓

企業型DCにも取り組んでいます↓

本日の内容は以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

日本ファイナンシャルアカデミー

にほんブログ村に参加しています!良ければ応援ポチ頂けると嬉しいです↓

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク↓

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

余裕ある人生を追及しています。
僕の挑戦を記事にしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる