【配当金が欲しい】米国高配当ETFに投資する理由

この記事で分かること

ETFとは何か?

ETFと投資信託の違い

あえて米国高配当ETFに投資する理由

かりん

お金欲しいー!
配当金で生活したいなあ

なおひ

非常にわかる

今回の記事では配当金を得られる投資の一つ、米国高配当ETFについてご紹介します。

実際に米国高配当ETFへの投資をしている僕が投資しようと考えた根拠について紹介します。

なおひ

配当金目当ての投資に興味がある人必見です!

こんな人にオススメ

配当金がもらえる投資に興味ある人

ETFに興味がある人

これから投資を始めようと思っている人

日本ファイナンシャルアカデミー
目次

ETFとは?

かりん

ETFってそもそもなに?

ETFの定義は以下の通りです。

証券取引所に上場し、株価指数などに代表される指標への連動を目指す投資信託

引用|一般社団法人投資信託協会

基本的には投資信託の仲間です。

日本語では「上場投資信託」と呼ばれます。

一般的には「Exchange Traded Funds」の頭文字をとってETFと呼ばれます。

投資信託との違い

かりん

投資信託の仲間なのになぜ呼び方が違うの?

定義上のETFと投資信託との違いは「上場しているかどうか」のみです。

ただ、この点で以下のような性質の違いが出てきます。

ETFと投資信託の性質の違い

  • 売買のコストが安い
  • たこ足配当の心配がない

売買のコストが安い

ETFの場合、投資信託よりも売買のコストが安くなります。

理由は以下の通り。

ETFの方が安い理由

銀行や証券会社の人件費が掛からないから

投資信託は購入するときには基本的に銀行や証券会社の窓口で売り買いします。

これに対してETFは市場で取引を行います。

銀行や証券会社を通さないため、その人件費分コストが割安になっています。

かりん

銀行とかを通さない分面倒なんじゃないの?

そんなことも全くありません。

なおひ

楽天証券を使っていますが、非常に簡単に売買できました
初心者でも楽勝です

たこ足配当の心配がない

かりん

そもそもたこ足配当ってなに?

たこ足配当とは以下の通りのものです。

たこ足配当とは?

投資した元本の一部を切り崩して払われる配当金のこと

正直これは貯金を引き出しているのと変わりません。

元本が減ってしまうので複利で資産を増やす効果も期待できなくなってしまいます。

かりん

これじゃあ折角投資している意味がないね

しかし、ETFならこの「たこ足配当」の心配がありません。

理由は以下の通り。

ETFでたこ足配当がない理由

制度上、収益を超過する特別分配金が認められていないから

投資信託のたこ足配当は、よく「特別分配金」という名目で出されます。

しかし、ETFはそもそもそれが出来なくなっています。

なおひ

つまり配当は純粋に資産運用によって得られたものです

かりん

分かりやすくて安心だね!

米国高配当ETFに投資する理由

かりん

なんで米国高配当ETFに投資しようと思ったの?

米国高配当ETFに投資しようと思った理由は以下の通りです。

投資しようと思った理由

  • 配当金が欲しいから
  • 投資信託でたこ足配当をしないものを選ぶのが大変だから
  • 積立NISAでの投資は基本的に配当金が出ないから

配当金が欲しいから

基本的にこれに尽きます。

配当金を再投資するもよし、自分の好きに使うのもよしという自由さが魅力で始めることにしました。

なおひ

やっぱり現金でが振り込まれるとテンションあがります笑

かりん

不労所得!って感じするよね!

投資信託でたこ足配当しないものを選ぶのが大変だから

投資信託の中にもたこ足配当ではなくちゃんと配当金を出してくれる優良なものは存在します。

しかし、それを見極めるのは初心者には大変です。

なおひ

基準評価額と利回りから安全な配当金を計算して比べるという風にすれば判別は出来ます

かりん

ちゃんと見るのは大事だろうけど正直面倒くさい!

その点ETFならばその心配は無いので安心ということでETFに投資することもしました。

なおひ

一つ考えるストレスも減ります

積立NISAは基本的に配当金が出ないから

かりん

投資信託なら積立NISAのものなら基本安心じゃない?

積立NISAで選ばれているものは優良銘柄ばかりなので基本的にどれを選んでも安心です。

しかし、積立NISAの銘柄は基本的に配当金は出ません。

積立NISAは長期投資して複利の力で資産を増やすのが主な意図です。

その為、得られた利益は基本的に再投資されます。

なおひ

事実、資産を増やすならばその方が有利です

僕も積立NISAは満額やっていますが、配当金が欲しくなったためETFに投資することにしました。

積立NISAのメリットはこちらの記事で解説しています↓

あわせて読みたい

何故米国なのか?

かりん

ETFに投資したい理由は分かったけど何で米国なの?

米国のETFを選んだ理由は以下の通りです。

米国を選んだ理由

市場が伸びる期待が大きいから

日本の株式市場の指標と比べてみると一目瞭然です。

日経平均

S&P500

かりん

日本はここ30年あまり増えてないね。

なおひ

アメリカは増減はあれど基本右肩上がりだね
差は歴然

正直国内も考えましたが、このグラフをみるとやはり米国が強いなと感じました。

その為、このデータを信じて米国のETFで配当金が高いものを選んでいきたいと思います。

実際にどの銘柄へ投資するかはこちらの記事で比較しています↓

あわせて読みたい

まとめ

少しでもお金に余裕を持つため、配当金をもらうための投資も始めてみました

かりん

配当金をもらえるのが楽しみだなー!

なおひ

はやく配当日が来てほしいね

投資した結果はこちらの記事に載せているので本当に資産が増えているのか確認してください↓

あわせて読みたい

また、ETFを買う時は買う時期に注意が必要です。

買い時を間違えると配当金がもらえないケースがあります。

買い時についてはこちらの記事で解説しています↓

あわせて読みたい

今回の内容は以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

スポンサーリンク↓

にほんブログ村に参加しています!良ければ応援ポチ頂けると嬉しいです↓

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる