【体験談】マルチ商法のセミナーに潜入した時の話

この記事の内容

マルチ商法のセミナーの内容とその狙い

かりん

マルチ商法って怪しいセミナーやってたりするって聞いたよ

なおひ

実際怪しかったよ
勧誘した人を逃さない仕組み満載だった

今回はマルチ商法のセミナーの内容とそこに隠された意図について紹介します。

数年前に僕が興味本位でマルチ商法の内部に潜入した時の話をベースにしています。

なおひ

マネしちゃだめですよ!

前回までの記事はこちら↓

あわせて読みたい

街コンでマルチ商法の勧誘を受けた話

オススメな人

  • マルチ商法に今誘われている人
  • 怪しい誘いを受けて困っている人
  • マルチ商法に参加したくはないけど何をやっているか知りたい人

マルチ商法の断り方はこちらの記事で紹介しています↓

あわせて読みたい

マルチ商法に勧誘された時の断り方

「全国無料対応!ゆっくりしっかり長時間借金相談!!」

目次

マルチのセミナーに潜入

前回フットサルイベントに参加した時に

マルチ師匠

うん、もっと色々勉強した方が将来の為になるよ!
良いセミナー知ってるから参加しなよ!

なおひ

は、はあ…

ということになり勉強としてセミナーに参加することになりました。

マルチ女子

一緒に頑張ろうね!

待ち合わせ場所には大量の人

待ち合わせは駅の改札でしたがそこで驚き。

指定された場所に行くと30人くらい人が居ます。

なおひ

え、めっちゃ人居る

後から考えるとハマってしまう人がこんなにいるというのは恐ろしいことです。

しかも当時20代だった僕と同世代の人ばかりでした。

マルチの特徴①

20代でマルチにハマっている人は思ったより多い(本当に注意)

まさか自分の周りには居ないだろう、と思っていると案外居るのが恐ろしいところ。

人が集まるまで新入りの僕はそこにいる人たちに紹介されます。

マルチ女子

こちらが今回から一緒に勉強することになったなおひくんだよ

マルチ男子

僕は○○!よろしくね!

なおひ

よろしくお願いします。

マルチ男子

なおひくんは今頑張ってることはあるのかい?

なおひ

テンプレ化している…

一見交流の輪を広げてくれている親切な行動に見えますが繋がりを沢山作ることで抜けづらくするのが目的です。

マルチの特徴②

知り合いを増やして抜けづらくされる

セミナーにも大量の人

ついにセミナーに参加。

セミナー自体はレンタル教室のような場所で行われました。

大体その団体のお得意の場所があるようで、数回セミナーに参加しましたが同じような場所でした。

参加者は100人超。

すし詰め状態でセミナーが開催されてました。

なおひ

本当に人が多すぎる。

セミナーで話をされたのは大体以下のような話題。

セミナーの内容

  • 労働から解放されることの素晴らしさ
  • お金の仕組み
  • 初対面の人との仲良くなり方

構図的には以下のような狙いがあると思われます

ファンを作ってビジネスをするという考え方は悪くないものだと思います。

問題はそれを悪用してマルチ商法を広めている点です。

セミナーの内容を言葉巧みに悪用してマルチ商法を進めてくるので注意してください。

マルチの特徴③

一見正論に見えるセミナー内容に騙されないこと

ちなみにこのセミナーの参加費は1000円でした。

なおひ

地味にお金取られます…

「全国無料対応!ゆっくりしっかり長時間借金相談!!」

セミナーはオーバーリアクションで

マルチ商法のセミナーには独特のルールがありました。

それは以下の通り。

マルチのルール

講師のトークには必ず大げさに反応すること。

つまり、以下の通り、

マルチのルール

  • 講師の言っている事には逐一大きく頷き、
  • 笑いどころだと思われる場所は面白くなくても笑い、
  • 講師の問いかけには大声で反応する
マルチ女子

最初は気持ち悪いと思うけど、
大きく反応することで理解が深まるから!

なおひ

どういう理論…?

これの狙いは人間の一貫性の原理を利用することです

一貫性の原理

人は自身の行動、発言、態度、信念などに対して一貫したものとしたいという心理が働く。

参考:Wikipedia 「一貫性の原理」

つまり、自分たちに肯定的な行動をとらせることで心理的にも自分たちを肯定させる狙いがあります。

マルチの特徴④

一貫性の原理を利用してマルチ商法集団に対して肯定的な考えを持たせようとしてくる。

なおひ

今考えてもあの光景は気持ち悪いです。

終わった後は師匠との握手会(?)

セミナーが終わった後も一イベントあります。

なおひ

やっとセミナー終わったわ…

マルチ女子

師匠にあいさつ行くよ!

なおひ

あいさつ…?

お世話になっている(?)師匠のもとに並び、一言ずつあいさつを貰うイベントです。

なおひ

完全にアイドルの握手会と同じ光景です。

これも先ほどの一貫性の原理を利用して、自分は師匠に心酔しているのだという考えを植え付けようとしていると思われます。

マルチの特徴⑤

セミナー後の握手会で師匠との交流を深めさせられる

ここまででやっとセミナー終了です。

何だかんだで半日潰れます。

なおひ

やっと終わった…
帰ろう

と思っていたその時

マルチ師匠

なおひくん、時間ある?
君の将来のプランについて話をしよう!

マルチ女子

師匠さんが時間を取ってくれるなんて貴重だよ!

なおひ

まじかよ

ということでカフェに連行されました。

上級師匠との邂逅

将来のプランを書くことに

連行されたカフェにて

マルチ師匠

マルチ師匠

なおひくんのビジネスを考える為に
5年後までの目標を書こう!

ということで5年後までに達成したい願望と具体的な目標を書くことになりました。

これの狙いは具体的に成功した姿をイメージさせることでマルチ商法に取り組むモチベーションを生み出すことだと思われます。

マルチの特徴⑥

将来のプランを書かされる

マルチ師匠

なおひくんなら月500万くらいいけちゃうよ!

なおひ

ちょっと何言ってるかわからない

上級師匠登場

カフェにしばらくいると

マルチ師匠

今連絡来たんだけど特別に上級師匠が来てくれるって!

マルチ女子

すごいじゃん!認めてもらうチャンスだよ!

なおひ

お、おう…

しばらくするとベンツのCLAが到着し、上級師匠が下りてきました。

上級師匠

君がなおひくん、上級師匠だよ。
よろしくね。

なおひ

よろしくお願いします…

そのあとはいつも通り

上級師匠

君は今何か頑張ってるの?

上級師匠

将来どうなりたい?

なおひ

テンプレですな

それに加えて

上級師匠

俺は昔どうしようもなかったけどビジネスをして人生変わったんだよ

マルチ師匠

俺も上級師匠さんみたいになれるよう頑張ってるんだ

マルチ女子

私も見習いで勉強中!

なおひ

左様でございますか…

こんな感じで師匠の更に上の人を紹介されるケースもちょくちょくありました。

多少上の階層なのでお金はある人になってくると思われます。

成功している人を登場させることでよりマルチ商法をやる気にさせる思惑があると思われます。

マルチの特徴⑦

稼いでいる(巻き上げている)人を登場させることで成功出来るんだと思い込ませてくる

マルチに入会する条件

上級師匠

君もビジネスがしたいのだろう?
俺が教えてあげたいけど本気度がみたい

なおひ

本気度ですか

上級師匠

ということで今から俺が言う条件を満たしてほしい。
そしたら俺が直々にビジネスを教えてあげよう

その時に言われた条件は以下の通り。

教えてもらう条件

  • 実家暮らしではなく一人暮らしをすること
  • 20万円貯金をすること
  • 合コンでも何でも良いのでこの環境の外の人とイベントをやること
    (マルチ商法の人たちは自分たちをこの環境の中の人と表現します。)

表向きの理由は以下の通り

表向きの理由

一人暮らし:人として自立して欲しい

貯金:ビジネスをやる上でしっかり黒字運営できる人になってほしい

イベント:人を巻き込む力をつけてほしい

ですが真の理由は以下の通りと思われます。

真の狙い

一人暮らし:親などからマルチ商法を疑われ、脱退させられるのを防ぐため

貯金:後々商材を買わせるため(お金がないという理由で断らせないため)

イベント:行動を起こさせて後戻りさせないため+人を引き込む間口を増やすため

なおひ

逃げられなくする要素を揃えてくるので要注意

入会する条件を満たすハメに

何だかんだで当時断れなかったので入会するための条件を満たすための行動をすることになりました。

なおひ

今から考えれば良く行動したな…と思います。

かりん

妙な行動力あるよね

結局そのあと条件は満たし、無事に入会することになってしまいました。

同じ流れの経験がある方はご注意ください。

マルチ商法からはすぐに抜けることをオススメします。

「全国無料対応!ゆっくりしっかり長時間借金相談!!」

マルチ商法への入会条件を満たした後の話はこちらです↓

前回までの話はこちら↓

今回の内容は以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

にほんブログ村に参加しています!良ければ応援ポチ頂けると嬉しいです↓

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク↓

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる