【生活効率化】我がアレクサのおすすめ定型アクション7選

アレクサのオススメ定型アクション
かりん

Amazon Echoも買ったしこれから我が家をスマートホーム化するぞー!

なおひ

Amazon Echo便利だよねー!
定型アクション使うと一気にスマートホーム感出るよ

かりん

定型アクションって・・・?
(実はあまり分かってない)

自分の声一つで色々な操作が自動で行われるスマートホーム、憧れますよね。

Amazon Echo(アレクサ)にはそれを実現できる「定型アクション」という機能が備わっています。

どうやれば自動操作が設定できるか知りたいですよね?

そこで今回はアレクサの定型アクションの設定方法と定型アクションの例について解説します。

実際にAmazon Echoを2台買い、家のスマートホーム化を進めている僕の実例を紹介します。

この記事を読むことで以下の事が分かります。

この記事で分かること
  • アレクサの機能「定型アクション」とは何か?
  • 定型アクションの設定方法
  • 便利な定型アクションの使い方

この記事を通して定型アクションを使って日々の生活を効率化することが出来るようになります。

目次

定型アクションとは?

かりん

そもそも定型アクションって何?

定型アクションとは以下の通りのものです。

定型アクションとは

設定した「実行条件」に対して決まった「アクション」をするという設定

「実行条件」というのは、読んで字のごとくアクションを実行するための条件です。

そして「アクション」というのが実際にアレクサが実行する処理です。

例えば、「アレクサ、おはよう」と言った時に電気をつける処理をする場合、

  • 「アレクサ、おはよう」と話しかけるのが「実行条件」
  • 電気をつけるのが「アクション」です。

定型アクションの設定方法

かりん

アレクサで定型アクションってどうやって設定すればいいの?

定型アクションを設定するステップは以下の通りです。

STEP
その他⇒定型アクションを選択し、定型アクションを追加する
設定の手順
STEP
実行条件を設定する
実行条件
STEP
アクションを設定する
アクション

簡単3ステップで設定出来るので非常に簡単です。

実行条件

アレクサで設定できる実行条件は以下の4つです。

実行条件

  • 音声
  • 時間
  • スマートホームデバイス
  • アラーム

音声は事前に設定した言葉を話しかければ動くものです。

  • 例)アレクサ、おはよう

時間は指定した時間になったら動き出すもの。

  • 例)7:00になったら動き出す

スマートホームデバイスは、例えば温度計などセンサーの数値を起動条件にするもの。

  • 例)温度が30℃以上になったら動き出す

アラームはアラームを止めた時に動き出すものです。

アクション

アレクサで実行できるアクションは14個です。

アクション

  • アレクサが喋る
  • Audible
  • カレンダーの予定読み上げ
  • 日付と時刻読み上げ
  • デバイスの設定(音量の上下など)
  • Fire TVを動かす
  • IFTTT
  • メッセージを送信
  • 音楽を流す
  • ニュースを読み上げる
  • 各種スキルを使う(radiko,クックパッドなど)
  • スマートホームデバイスを動かす
  • サウンドを流す
  • 天気を読み上げる
かりん

凄い色々なことが出来るんだね…!

ニュースや予定を教えてくれたりとかなり多機能です。

これらを組み合わせればあなただけのルーティンが自動化できます。

更に一つの実行条件に対してアクションは複数つけることが出来る点も良いところです。

なおひ

一言で電気をつけてニュースを読んでとすごく色々なことが出来る子です

さらにスマートリモコンなどと組み合わせることで様々な家電も操作することが出来、スマートホーム感が満喫出来るようになります。

僕はスイッチボットの製品を愛用しています。

家電パターン別のスイッチボットデバイスの選び方はこちらの記事で解説しています↓

あわせて読みたい

生活を効率化してくれる我が家の定型アクション実例7選

かりん

実際にどんな定型アクションで効率化してるか知りたいなあ

今回は僕が使っている定型アクションを7つ紹介します。

紹介する定型アクションは以下の通りです。

定型アクション例

  • 朝起きたときの定型アクション
  • 外出するときの定型アクション
  • 帰ってきたときの定型アクション
  • 寝る前ののんびりした時間の定型アクション
  • 寝る時の定型アクション
  • 冬の寒い朝対策の定型アクション
  • 寝落ち対策の定型アクション

朝起きた時の定型アクション

朝起きた時のルーティンはアレクサに自動化してもらってます。

実行条件

「アレクサ、おはよう」と話しかける

アクション
  1. 「おはようございます」と喋る
  2. 照明ON
  3. カーテンオープン
  4. その日の予定読み上げ
  5. ニュース読み上げ

まず照明やカーテンを開けて明るさを確保します

その後はこれまでスマホで確認していた今日の予定やニュースをアレクサに読み上げてもらいます。

こうすることで予定とニュースの確認と他の作業を並行して進めることが出来ます。

なおひ

手を止めなくて済むので凄く楽です

ちなみにニュースを読み上げると最後に天気予報も入れてくれるので改めて天気予報のアクションは不要です。

カーテンを開ける為のデバイス↓

外出するときの定型アクション

外出するときの電気のON/OFFも面倒なのでアレクサにお願いしています。

実行条件

「アレクサ、いってきます」と話しかける

アクション
  1. 「いってらっしゃい、お気を付けて」と喋る
  2. 廊下の照明ON
  3. リビングの照明OFF
  4. エアコンOFF
  5. ルンバ起動
  6. 5分待機
  7. 廊下の照明OFF

出ていくための廊下の照明はつけてもらい、代わりにリビングはOFFします。

更に外出中に掃除もしてほしいのでルンバも動かすようにしています。

定型アクションの待機というのが地味に便利です

わざわざ消すためにまた指示を出さずとも一定時間たったら消すという作業が可能になります。

なおひ

これのお陰で消し忘れも無くなり非常に便利です

帰ってきた時の定型アクション

帰ってきた時も外出時と同様にアレクサに全てお願いしています。

実行条件

「アレクサ、ただいま」と話しかける

アクション
  • 「おかえりなさい」と喋る
  • 廊下の照明ON
  • リビングの照明ON
  • エアコンON
  • 5分待機
  • 廊下の照明OFF

疲れて帰ってきた時もアレクサが家を整えてくれます。

なおひ

疲れている時ほど照明つけるのとかめんどうですよね

寝る前ののんびりした時間の定型アクション

寝る前のリラックスタイム作りもアレクサにお願いしています。

実行条件

「アレクサ、のんびりしたい」と話しかける

アクション
  1. リビングの照明明るさ50%
  2. 間接照明ON

自分で明るさ調整して間接照明をつけて、とやると案外面倒です。

全てアレクサにお願いすることでリラックスに集中できます。

なおひ

ソファに寝たままセッティングが出来上がるのが最高です

寝る時の定型アクション

寝る時のルーティンも全てアレクサにお願いしてしまいましょう。

実行条件

「アレクサ、おやすみ」と話しかける

アクション
  1. 「おやすみなさい」としゃべる
  2. リビングの照明OFF
  3. エアコンOFF
  4. 間接照明OFF

全部消して回るのは中々面倒です。

全て自動にすることで自分はベッドに入るだけです。

なおひ

布団かぶってから消すの忘れた…なんてことが無くなるので便利です

冬の寒い朝対策の定型アクション

冬の寒い朝は布団から出るのが辛いです。

そんな時はアレクサにエアコンをつけておいてもらいましょう。

実行条件

4:00になる

アクション
  1. エアコンをON
  2. 4時間待機
  3. エアコンをOFF

こうすることで朝部屋が温まった状態で起きることが出来ます。

更に時間でOFFさせることで消し忘れも防げます。

なおひ

これのお陰で冬の朝寝坊が劇的に減りました

寝落ち対策の定型アクション

電気をつけたまま寝落ちてしまうことありますよね?

そんな時はアレクサに消してもらいましょう。

実行条件

0:00になる

アクション
  1. 間接照明をOFF

これで夜中目覚めてしまうことも無くなります。

更に睡眠の質が上がるので翌日もすっきりです。

なおひ

寝落ちが多い人には是非やってほしい定型アクション

まとめ

アレクサの定型アクションは組み合わせ次第で可能性が無限に広がっています。

是非使いこなして生活を効率化していきましょう。

今回の内容をまとめると以下の通りです。

  1. 朝起きたときの定型アクション
  2. 外出するときの定型アクション
  3. 帰ってきたときの定型アクション
  4. 寝る前ののんびりした時間の定型アクション
  5. 寝る時の定型アクション
  6. 冬の寒い朝対策の定型アクション
  7. 寝落ち対策の定型アクション

アレクサの便利さはこちらの記事で語っているのでこちらも読んで使いこなしていきましょう↓

今回の内容は以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク↓

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる