【パターン別】家電とアレクサの連携にどのスイッチボットが必要?

アレクサとスイッチボットの連携
かりん

最近Amazon Echo買ったんだ♪
これで色んな家電を動かせるらしいけど最新のスマート家電じゃなきゃダメなのかな?

なおひ

スマート家電じゃなくても大丈夫だよ!
スマートリモコンやスマートプラグを使えば自動操作できるよー!

かりん

へー!そんな便利なものがあるんだね!
でもどれを使えばいいんだろう?
沢山あってよく分からないな…

アレクサを使って家をスマートホーム化したい!

でも何から揃えれば分からない人多いですよね。

そこで本記事では手持ちの家電のパターン別にそろえるべきものを解説します。

今回は僕も愛用しているスイッチボットの各種スマート機器の中から必要なものをピックアップします。

本記事を読むことで以下の事が分かります。

この記事で分かること
  • スイッチボットってそもそも何か?
  • 各種家電ごとに用意するべきスイッチボット
  • アレクサとスイッチボットを連携する方法

この記事を読めば自分に合ったスイッチボットを選び、家電を自動操作出来るようになります。

目次

スイッチボットとは何か?

かりん

スイッチボットってそもそも何?

スイッチボットとは以下のものです。

スイッチボットとは?

Switch Bot社が出しているスマホアプリと連動して家電を操作するロボット

これを使えばスマホから各家電の電源を入れたり出来ます。

更にこのアプリとAmazon Echoなどスマートスピーカーと連携させることで声で家電を操作することが出来ます。

なおひ

アレクサと組み合わせると地味に生活が楽になりますよ!

Amazon Echoの便利さはこちらの記事で詳しく解説しています↓

あわせて読みたい

スイッチボットの種類

かりん

スイッチボットってどんなものがあるの?

スイッチボットは大きく分けて以下の種類があります。

スイッチボットの種類

  • スマートリモコン
  • 指ロボット
  • スマートプラグ
  • カーテン自動開閉ロボット

スマートリモコン

スマートリモコンとは以下の通りのものです。

スマートリモコンとは?

リモコンの同じ赤外線を発することで家電を操作するもの

つまり、スマートリモコンがリモコンの代わりに赤外線を発して操作してくれます。

そのため、家中のリモコンをこれ一台に集約することが出来ます。

スイッチボットの出しているスマートリモコンはこちらです↓

  • SwitchBot Hub mini
かりん

どんなリモコンでも対応してくれるの?

SwitchBot Hub miniにはスマートラーニングという機能があります。

これはリモコンの赤外線を学習して同じ赤外線を発するようにしてくれる機能です。

そのため、この機能を使えば理論上あらゆるリモコン家電を操作可能です。

なおひ

対応機種一覧に無い!なんて問題を解消してくれる神機能

スマートプラグ

スマートプラグとは以下の通りのものです。

スマートプラグとは?

コンセントからの電源供給ON/OFFを制御してくれるもの

簡単に言うと延長コードについているON/OFFスイッチが自動になったようなものです。

延長コードの電源供給ボタン

これを使うことでコンセントに差し込めば動く家電のON/OFFを遠隔で操作することが出来ます。

なおひ

切り忘れてもわざわざコンセントを抜きにいかなくて済むので凄く楽です

スイッチボットが出しているスマートプラグはこちらです↓

  • SwitchBotプラグ

スマート指ロボット

スマート指ロボットとは以下の通りのものです。

スマート指ロボットとは?

信号を受けて物理的にスイッチを押してくれるロボット

リモコンで操作できず、プラグを挿すだけでもダメなものはこれが有効です。

物理的に指が出てスイッチを押してくれます。

なおひ

非常に単純なので使える対象が多いのが良いところです

スイッチボットが出している指ロボットはこちらです↓

  • SwitchBotボット

カーテン自動開閉ロボット

カーテン自動開閉ロボットとは以下の通りのものです。

カーテン自動開閉ロボットとは?

カーテンの開閉を自動でやってくれるロボット

読んで字のごとくです。

これの良いところはアレクサとの連携で決まった時間になったらカーテンの開け閉めをしてくれます。

なおひ

朝になったらカーテンを開けて太陽の光で目覚める、なんてことも可能です

スイッチボットが出しているカーテン自動開閉ロボットはこちら↓

  • SwitchBotカーテン

家電とアレクサの連携に必要なスイッチボットはこれ!

かりん

スイッチボットって色んな便利なものがあるんだね!
でも私の場合どれを買えばいいんだろう?

色々ありますが全部揃えるのはお値段が張るので中々大変です。

そこで動かしたい家電ごとに必要なスイッチボット製品をパターン分けして紹介します。

今回紹介するパターンは以下の通りです。

動かしたい家電のパターン

  • パターン1:リモコンで動く家電
  • パターン2:プラグを挿せば動く家電
  • パターン3:スイッチを押したら動く家電

パターン1:リモコンで動く家電

リモコンで操作できる家電はとりあえずSwitchBot Hub miniを用意すればOKです。

例えば以下のような家電を操作できます。

家電の例

  • リモコン付照明
  • テレビ
  • エアコン
  • ルンバ

我が家ではリビングにSwitchBot Hub miniを置いてすべてのリモコンを覚えさせ、操作出来るようにしています。

SwitchBot Hub miniの配置

こうすればリビングの照明を付けたい時は

アレクサ、電気をつけて

と言えばわざわざリモコンを取りにいかなくても照明をつけることが出来ます。

なおひ

リモコンを取りにいかなくてよい、探さなくてよいのが非常に助かります。

  • SwitchBot Hub mini

パターン2:プラグを挿せば動く家電

電源プラグを差し込めば動く家電はSwitchBotプラグがあればOKです。

例えば以下のような家電の操作に役立ちます。

家電の例

  • 間接照明
  • 扇風機
  • 加湿器・除湿器
  • こたつ

使い方は非常に単純です。

家のコンセントにSwitchBotプラグを差し込み、そこに家電のプラグを差し込めばOKです。

SwitchBotプラグ

我が家ではベッド横の間接照明に使用しています。

スマートプラグとベッドの照明

アレクサ、ベッドの電気をつけて

と言えば

照明をONにした状態

このように電気をつけることが出来ます。

なおひ

ON/OFFスイッチがあるものはスイッチONのまま差し込めばプラグだけで自動操作出来たりします

  • SwitchBotプラグ

パターン3:スイッチを押したら動く家電

スイッチを押すことで動き出す家電にはSwitchBotボットとSwitchBot Hub miniの二つを用意しましょう。

例えば以下のような家電を操作することが出来ます。

家電の例

  • 壁スイッチの照明
  • コーヒーメーカー
  • お風呂の給湯

使い方はこちらも単純でスイッチの位置に指ロボットを設置すればOKです。

我が家では壁にスイッチがある照明のON-OFFに使用しています。

指ロボットを付けた状態

こちらの注意点は、アレクサと連携させるためにはSwitchBot Hub miniがセットで必要という点です。

SwitchBotボット単体でもスマホとBluetooth接続して使うことは出来ます。

しかしWi-Fiを介してスマートスピーカーから直接操作は出来ません。

スマートスピーカーを使って操作するためにSwitchBot Hub miniが必要なのでセットで準備するようにしましょう。

なおひ

SwitchBotボット単体だとスマホからの操作しかできないので魅力半減です。
要注意です。

  • SwitchBotボットとSwitchBot Hub mini

アレクサとスイッチボットを連携する設定方法

かりん

スイッチボット用意したけどどうやってアレクサと連携させるの?

アレクサとの連携は以下の手順で可能です。

STEP
SwitchBotのアプリをインストールする

まずはGooglePlay or App StoreでSwitchBotのアプリを検索し、インストールしましょう

「SwitchBot」と検索すれば出てきます。

STEP
SwitchBotのアカウントを登録する

インストールしたらSwitchBotのアプリからアカウントを作成しましょう。

メールアドレスさえあれば登録出来るので非常に簡単です。

STEP
連携するデバイスを選択する

Alexaと連携させたいデバイスを選びます。

連携するデバイス選択
STEP
Alexa機能を有効にする

デバイスのクライドサービスを選択し、Amazon Alexaを選択します。

Alexaとの連携を有効化
STEP
AlexaアプリでSwitchBotを検索し、有効にする

Alexaアプリでスキル・ゲームの中からSwitchBotを検索します。

Alexaスキルの検索

「SwitchBot」と入力するとスキルが出てくるので選択し、有効化します。

スイッチボットの有効化
STEP
試しに動かしてみる

これでアレクサとの連携が完了したので試しにアレクサに指示を出してみましょう。

動けば無事に連携完了です。

アレクサとの連携が終わったら定型アクションを使うと暮らしの様々な作業を効率化できます。

暮らしを効率化する定型アクションの例はこちらで紹介しています↓

あわせて読みたい

まとめ

アレクサを介して家電を自動操作することで生活も便利になり、未来感ある生活が楽しめます。

なおひ

僕も最初疑ってましたが完全に生活変わりました

かりん

間違いなくQoLが上がるからとりあえず試してみよう!

今回の内容をまとめます。

パターン別用意すべきスイッチボット製品

パターン1:リモコンで動く家電

SwitchBot Hub miniを用意すればOK

パターン2:プラグを挿せば動く家電

SwitchBotプラグを用意すればOK

パターン3:スイッチを押したら動く家電

SwitchBotボットとSwitchBot Hub miniをセットで用意すればOK

アレクサとの連携方法 ⇒ 連携の手順

Amazon Echoの様々な活用方法はこちらの記事で解説しています↓

今回の内容は以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク↓

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる