一人暮らしにドラム式はいらない?ドラム式洗濯乾燥機を買って感じたこと



こんにちは!なおひです!

Youtubeとかで見る買って良かったものランキングで絶対上位にあるもの

それが

ドラム式洗濯乾燥機

気になってる方も多いと思います。

なおひ

でも安い買い物じゃないですよね…

それなりのものを選ぼうとすると20~30万します。
金額がネックで悩んでいる方も多いと思います。

僕の実感からいうと家事負担が減るので家族連れの方は無理してでも買うべきです。

ただ、

なおひ

一人暮らしには贅沢すぎない?

こう思う方が多いと思います。

なので今回は一人暮らしに必要かどうかの観点で僕が実際にドラム式洗濯乾燥機を買ってみた結果をご紹介します。

なおひ

迷っている人は是非見てください!

こんな人にオススメ

  • ドラム式洗濯乾燥機の購入を迷っている人
  • 金額に似合った効果があるか気になる人
  • 一人暮らしには贅沢すぎない?と思っている人

他の時短家具シリーズはこちら↓

あわせて読みたい
ルンバは一人暮らしにいる?いらない? 3年使ってみた結果をレビュー
ルンバは一人暮らしにいる?いらない? 3年使ってみた結果をレビュールンバは一人暮らしにいるのかいらないのか。時短家電として注目されているロボット掃除機を実際に僕が数年使った結果をレビューします。ルンバの購入を検討している方、迷っている方向けの記事です。
あわせて読みたい
アレクサは日常生活に必要か?~スマートホーム化の第一歩~
アレクサは日常生活に必要か?~スマートホーム化の第一歩~今回の記事はザックリ以下のような内容です。 アレクサは必要か⇒ 必要、一度使うと戻れない アレクサの便利なところ⇒ タイマー、リマインド機能、家電操作、ニュー...
目次

ドラム式洗濯機は一人暮らしにいらないのか

実際買ってみて一人暮らしに必要かどうかご紹介します。

いる、世界が変わる

結論から言うと一人暮らしには必須レベルです。

なおひ

世界が変わります。

その理由は以下の3つです。

  • 洗濯物を干す必要がない
  • 夜回したら朝直ぐ服が着れる
  • 洗剤の自動投入が地味に便利

順にご紹介します。

ドラム式洗濯機がおすすめな理由

洗濯物を干す必要がない

言ってしまえばメリットのほとんどはこれです。

洗濯物を干すのって基本めんどうですよね。

なおひ

少なくとも僕はめんどうで嫌でした。

その作業が完全になくなります。

どのくらい大きいかというと

洗濯物を干す時間を大体30分、3日に1回洗濯機を回すとします。

30分 × 365日 / 3日 = 3650分/年 ≒ 60時間/年

年間60時間も洗濯物を干す作業に使うことになります。

しかも一人暮らしの場合、全部自分でやらなければなりません。

なおひ

二日半一切休まず洗濯物を干し続けてる計算です…

この時間が完全に自由時間になります。

20代の会社員の時給は大体2,000円くらいとして金額効果は

2,000円/時間 × 60時間/年 = 240,000円/年

なのでドラム式洗濯乾燥機を買っても1年で元が取れる計算です。

なおひ

しかも時間にゆとりが出来る。

買うまでは半信半疑でしたが買ってみて本当に世界が変わりました。

夜回したら朝直ぐ服が着れる

なおひ

乾燥機能付いてるけど本当にそんな乾くの?

ここ気になる人多いと思います。

結論から言うと

夏の天日干しと同レベルで乾くし温かい

なおひ

正直驚きでした。

正直ある程度乾くけどちょっと湿ってたりするのかなと思ってましたが全くそんなことないです。

カラカラに乾いていてすぐに着ることが出来ます。

これの何が良いかというと持っている服を減らせるところです。

3日に1回洗濯をするならば3セットあれば回せてしまいます。

なおひ

服を沢山買わなくてよいのでお財布にやさしい

洗剤の自動投入が地味に便利

これは機能のあるものとないものがあると思います。

僕は自動投入付きのものを買いましたがこれが地味に便利です。

良い点は

  • 洗剤の量を間違えることがない
  • 洗剤の容器を置かなくてよい
  • 家にいなくても洗濯機が回せる(遠隔操作可能な場合のみ)
なおひ

洗剤を測るのって意外と手間だったんだなと自覚させられました。

意外と侮れないのが洗剤の容器を置かなくて良いところです。

容器そのものが無くなるので生活感を消したい時に凄い有効です!

僕の買ったドラム式洗濯機

僕の買ったドラム式洗濯はこれです↓

メーカー:TOSHIBA
型式:TW127X9L
洗濯・脱水容量:12㎏
乾燥容量:7㎏

 

我が家のドラム式洗濯機

これを選んだ理由は以下の3つです。

  • 乾燥容量は6㎏以上が良かった
  • 洗剤の自動投入が付いていた
  • IoT対応していた

毎日洗濯をしない人であれば乾燥容量は6㎏以上がオススメです

洗濯物の重量の目安は1日あたり一人1.5kgです。

たとえ一人暮らしだとしても乾燥容量3㎏だとすぐに一杯になってしまいます。

なおひ

思ったより洗濯物って多いので要注意

洗剤自動投入は上で紹介した通りです。

最後のIoTは個人的にスマートホーム化したいと思っていたのでIoT対応のものにしました。

我が家のスマートホーム化に関してはこちらの記事を読んで頂けると嬉しいです↓

あわせて読みたい
アレクサは日常生活に必要か?~スマートホーム化の第一歩~
アレクサは日常生活に必要か?~スマートホーム化の第一歩~今回の記事はザックリ以下のような内容です。 アレクサは必要か⇒ 必要、一度使うと戻れない アレクサの便利なところ⇒ タイマー、リマインド機能、家電操作、ニュー...

買ってみて分かったデメリット

ここまで絶賛してきましたが、
イマイチな点もありました。

それは以下の3つです。

  • サイズが縦型よりかなり大きい
  • 乾燥させたまま置いておくとしわになる
  • 多少のメンテナンスが必要

サイズが縦型よりかなり大きい

縦型の洗濯機と比較すると明らかに大きいです。

我が家でもちょっとはみ出てたりします。

小さいアパートだと入らないケースもあるので買う前にサイズは要確認です。

また古いアパートの場合、水栓が低いケースがあります。

その場合は水栓を取り換えることで設置できるようになります。↓

乾燥させたまま置いておくとしわになる

乾燥終わって半日くらい置いておくと結構しわになります。

今までは干すためにつるしているときにしわが伸びてくれたのですが既に乾いているため放っておくとしわのついたままになってしまいます。

なので乾燥が終わったら1時間以内にシャツやズボンだけでも取り出すのがオススメです。

なおひ

ズボンがしわしわになって悲しくなりました…
お気をつけください

多少のメンテナンスは必要

乾燥をする関係上、ドラム式洗濯乾燥機はどうしてもホコリが溜まりやすいです。

2回回すとだいたいこのくらい溜まります↓

なので2~3回回すごとにホコリを取ってあげる必要があります。

なおひ

ホコリを取るのは簡単です。
10秒くらいで終わるのでご安心ください。

一人暮らしにドラム式はいる!

何度も言いますが、 僕はドラム式洗濯機を買って洗濯が本当に楽になりました。

しかも着回しに必要な服も減らせたのでクローゼットにも余裕が出来ました。

安い買い物ではありませんが、コストをかける価値はあると思います。

なおひ

満足度はおねだん以上です。

皆さん生活の質向上のためにも是非検討してみてください!

他にも買ってみて生活の質が上がった家電はこちら↓

あわせて読みたい
ルンバは一人暮らしにいる?いらない? 3年使ってみた結果をレビュー
ルンバは一人暮らしにいる?いらない? 3年使ってみた結果をレビュールンバは一人暮らしにいるのかいらないのか。時短家電として注目されているロボット掃除機を実際に僕が数年使った結果をレビューします。ルンバの購入を検討している方、迷っている方向けの記事です。
あわせて読みたい
アレクサは日常生活に必要か?~スマートホーム化の第一歩~
アレクサは日常生活に必要か?~スマートホーム化の第一歩~今回の記事はザックリ以下のような内容です。 アレクサは必要か⇒ 必要、一度使うと戻れない アレクサの便利なところ⇒ タイマー、リマインド機能、家電操作、ニュー...

家電が時短してくれた時間を副業や運動に使うのもオススメです!

あわせて読みたい
副業に挑む 【せどり編】
副業に挑む 【せどり編】今回の記事の内容は以下の通りです。 せどりとは何か? せどりの始め方 せどりで得られた収益こんにちは!なおひです。今回は副業に挑戦したシリーズ第3弾でせどりに...
あわせて読みたい
30代の運動不足解消は何から始めるべき? おススメの運動 4選 ~初級編~
30代の運動不足解消は何から始めるべき? おススメの運動 4選 ~初級編~30代にありがちな運動不足解消の為に何から始めたらよいか、今回の記事では運動習慣がない人でも始められるオススメの運動を紹介します。体力に自信のない人やこれから運動を始めたい人向けの記事です。

今回の内容は以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

にほんブログ村に参加しています!良ければ応援ポチ頂けると嬉しいです↓

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク↓

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

余裕ある人生を追及しています。
僕の挑戦を記事にしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる