【例文有り】キャリアプランが思いつかない。どうすれば考えられる?

将来のキャリアプラン
かりん

今の仕事つまらないな…
でもこれと言ってしたい仕事もないんだよね

なおひ

わかる
将来のキャリアプランを考えよう!って言われても思いつかないよね

かりん

キャリアプランって考えた方がいいのかな?

なおひ

選考に合格するため、自分の将来のため、どっちの観点からも考えた方がいいのは確かだよ

なおひ

今回はキャリアプランが思いつかない人のために考え方と僕の例文を紹介するよ

かりん

おお!それは参考にしたい

転職するにしても社内公募にしても求められる将来のキャリアプラン。

正直思いつかない人が大多数だと思います。

そこで本記事ではキャリアプランが何故必要なのか、どうすれば考えられるのかを解説します。

実際に僕が社内公募の選考を突破した時の将来のキャリアプランの考え方と例文を紹介します。

この記事を読むことで以下の事が分かります。

この記事で分かること
  • 将来のキャリアプランが思いつかない理由
  • キャリアプランを考えるべき理由
  • キャリアプランの考え方とその例文

この記事を通して自分の将来のキャリアプラン考えた上で将来の進路や選考の合格に役立てることが出来ます。

\将来のキャリアプランを無料で相談!/

目次

将来のキャリアプラン、なぜ思いつかない?

かりん

将来のキャリアプランってどうしてこんなにも思いつかないんだろう?

自分の将来のキャリア、やりたい仕事。

こう聞かれても思いつかない人がほとんどです。

将来のキャリアプランはなぜ思いつかないのか?理由は簡単です。

キャリアプランが思いつかない理由

  • 将来の仕事を経験したことがないから

人はこれまで経験したことに対して予想を立てることは可能ですが、経験したことがないものを予想するのは難しいです。

思いつかないのは悪いことではなく、当然のことです。

また、先輩や上司のキャリアを100%参考にできない点も予想を難しくしています。

その理由は以下の通りです。

参考にできない理由

  • 仕事を取り巻く環境の変化が目まぐるしいから

仕事を取り巻く環境の変化は早くなっており、これからも更に早くなることが予想されます。

仕事内容もこれまでとは異なる可能性も高いので上司のキャリアと同じものを歩める人は少なくなるでしょう。

なおひ

上司と同じキャリアを歩みたいかどうかという点もありますし…

これらの理由から自分や先輩・上司の経験など参考になるものが少ないです。

そのため、将来のキャリアプランが思いつかないからといって悩む必要はありません。

将来のキャリアプランを考えるべき理由

かりん

将来のキャリアプランって必要なものなの?

将来のキャリアプランは思いつくのが難しいですが、やはり考えるべきものです。

その理由を以下の2つの観点から説明します。

  • 採用試験に合格するための理由
  • 自分の将来のための理由

採用試験に合格するための理由

転職、就活、社内公募など採用試験に合格するためには将来のキャリアプランは必須です。

理由は以下の通り。

必須な理由

  • その会社/仕事をしたい理由に説得力をもたせるため

面接などでは必ず志望動機を聞かれます。

その志望動機に説得力をもたせるためにも将来のキャリアプランは間違いなく必要です。

将来のキャリアプランをしっかり考えておくことで以下の効果が得られます。

キャリアプランを考える効果

  • 志望している会社/仕事に対する真剣度をアピールできる
  • 採用後もモチベーション高く仕事をしてくれそうと思わせられる
  • 採用してすぐやめてしまうことはないだろうと思わせられる

将来を見据えている人といない人では圧倒的に見据えている人の方が印象が良いです。

将来のプランを考えている時点で自分のやりたい仕事についても考えているはずです。

その上でこの仕事を選んでくれたのだ、という印象を採用担当に植え付けることが出来ます。

なおひ

少なくとも適当に選んだわけじゃないなと思ってもらえます

志望動機の考え方はこちらの記事で詳しく解説しています↓

あわせて読みたい

また、担当者が人を採用するときに気にするのはザックリ以下の二点です。

  • 採用後もモチベーション高く仕事をしてくれるかどうか
  • すぐにやめてしまったりしないかどうか

面接などで将来プランを提示することで「この人はしっかり働いてくれそう」、「すぐには辞めなさそう」と思ってもらえます。

なおひ

将来のプランがしっかりしてると採用担当の不安を解消できるから結果有利なのです

自分の将来のための理由

自分の将来の為にもキャリアプランを考えるメリットはあります。

理由は以下の通り。

自分の為になる理由

  • 自分の人生をどう生きたいかが分かるから

自分の人生をどんな人生にしたいか、それを考えるきっかけになります。

どんな人生にしたいか、という点は仕事内容でなくてもOKです。

例えば

  • どんな働き方をしたいか
  • どんな生活がしたいか
  • 年収はどのくらい欲しいのか

考えた上で必ずその通りになる、というものではありませんが確実に幸福度の高い人生に近づくことが出来ます。

キャリアプランの考え方

かりん

キャリアプランってどうやって考えたらいいの?

実際に自分のキャリアプランを考える時には以下の順番で考えましょう。

キャリアプランの考え方

  • 目指すゴールを考える
  • ゴールまでに必要なステップを考える
  • 今の経験・スキルで踏み出せそうなステップを考える

目指すゴールを考える

まずは自分の目指すゴールを考えましょう。

ここで考えるのはどんな仕事をしたいか、ではなくどんな人生にしたいかです。

例えば

  • どんな暮らしがしたい?
  • どんな場所で生活したい?
  • どのくらい、いつまで働きたい?

仕事も自分の人生あっての仕事です。

まずはどんな風に生きていきたいか、自分の希望から書き出していきましょう。

なおひ

仕事ありきで考えてもいいですが、将来その仕事が残っているか分かりませんからね

ゴールまでに必要なステップを考える

次に、そのゴールに到達するために必要なものは何か考えていきましょう。

例えば以下の観点で考えると見えてきます。

  • 年収はどのくらい?
  • 必要なスキルはなに?
  • どのような経験を積めばよい?

ここで具体的に必要なものを考えることで先ほど考えた理想を現実に落とし込んでいきます。

なおひ

多分ここは一番頭を使います
どうすれば自分の求める人生に近づけるか、しっかり悩むことで自分に合ったプランが段々分かってきます

今の経験・スキルで踏み出せそうなステップを考える

目指している人生に必要なものが分かったら今の経験・スキルで踏み出せそうなステップを考えましょう。

ここで必要なことはこれまで自分がしてきた仕事の洗い出しです。

以下のように進めると洗い出しがしやすいです。

洗い出しの手順

  1. これまで経験した仕事を書き出す
  2. その中で苦労したことを書き出す
  3. 仕事を通して変化したことを書き出す。

大切なことは経験したことをすべて書き出すこと。

そしてその中から苦労したことをピックアップすることです。

苦労した=なんらかのスキルが必要だったということになります。

それらを経験したことで確実に成長した自分を振り返ることが出来ます。

なおひ

自分にも自信が持てるようになりますよ

これらの内容はこちらの記事で詳しく解説しています↓

あわせて読みたい

洗い出しが終わったらこれらの経験・スキルでまず何が出来るか考えましょう。

ステップは細かくても大丈夫です。

着実に前に進めるプランを描いていきましょう。

僕のキャリアプランの例文

実際に僕が社内公募で工場勤務からIT部署へ異動しました。

その時に考えたキャリアプランを載せます。

目指すゴール

  • 安定した生活を送りたい
  • 住む場所は都市圏がいい
  • 残業が少なくワークライフバランスが取れた仕事がしたい

ゴールまでに必要なもの

  • これからも生き残る仕事 ⇒ これから伸びる業種
  • 勤務地が都市圏の仕事
  • 残業が恒常化しない職場

今の経験・スキルで踏み出せるステップ

  • 工場でプロジェクトをまとめた経験あり
     ⇒他の業種でもプロジェクトの取りまとめの仕事に活かすことが出来る
  • 業種を工場勤務からIT関係に変える
  • 勤務地が都市圏の公募案件を選ぶ

将来のキャリアプラン

  • これまでの経験を活かし、IT関係プロジェクトの取りまとめの仕事をしながらIT関連知識を高め、
     将来的にはデジタル技術利用のとりまとめ的な存在として事業の付加価値向上に貢献したい。

安定した生活の為には会社は変えない方が良いと感じたこと、

さらに未経験の仕事をするハードルの低さとちょうど都市圏の社内公募案件があったことから僕は社内公募にて目標に向かってキャリアチェンジすることにしました。

社内公募を選んだ詳しい理由はこちらの記事で解説しています↓

あわせて読みたい

まとめ

中々考えるのが難しい将来のキャリアプランですが、しっかり考えると人生の道が開けてきます。

この記事を通して基に自分の人生を良い方向へ持っていける人が一人でも増えると嬉しいです。

今回の内容をおさらいします。

キャリアプランが思いつかない理由

  • 将来の仕事を経験したことがない
  • 仕事を取り巻く環境の変化が早い

キャリアプランを考えるべき理由

採用試験に合格するために

  • その会社/仕事をしたい理由に説得力をもたせるため

自分の人生のために

  • 自分の人生をどう生きたいかが分かるから

キャリアプランの考え方

  • 目指すゴールを考える
  • ゴールまでに必要なステップを考える
  • 今の経験・スキルで踏み出せそうなステップを考える

キャリアプランの例文

社内公募に応募するときに使用した例文

考えるのが大変でついついおいておきがちですがこれを機に一度考えてみてはいかがでしょうか?

一人だと中々難しい人は無料カウンセリングでプロにアドバイスをもらうのも手です。

\将来のキャリアプランを無料で相談!/

今回の内容は以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク↓

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる