社内公募を受けた話【受けた理由】


今回の記事はザックリこんな内容です。

社内公募を受けた理由

  • キャリアの行き詰まり
  • 未経験で別業種に挑戦できる魅力
  • 経験として良いと思った

こんにちは!なおひです。

僕は新卒以来、勤めている会社は一つですが、一回社内公募に応募して異動をしています。

社内公募についてよく知らない方も多いと思います。

社内公募とは、

人材が欲しい部署が社内で募集をかけ、
応募してきた社員の中から異動させる社員を選ぶ制度

簡単に言うと社内転職です。

別のキャリアを歩みたくて転職を考える人は多いですが、実行するのは中々大変です。

なおひ
なおひ

年収はどうなるのか

勤務地はどこか

今より人間関係が悪くなったら…など

そこに新しい選択肢として

「社内公募への応募を考えてみてはどうか?」

というのが僕の提案です。

なおひ
なおひ

そう言われても、まず社内公募ってどんな感じなの?

という方も居ると思うので僕の経験を紹介したいと思います。

今回は何故僕が社内公募に申し込もうと思ったか、

その理由についてお話させて頂きます。

他の社内公募シリーズはこちら↓

https://easyful-life.com/shanaikoubo-entry/

https://easyful-life.com/shanaikoubo-interview/

https://easyful-life.com/shanaikoubo-bareru/

https://easyful-life.com/shanaikoubo-after/

目次

社内公募を受けた理由

社内公募を受けた理由は大きく三つです。

  • キャリアに行き詰まりを感じた
  • 未経験で異なる専門の仕事に携わることにメリットを感じた
  • もし不合格でも経験としてよいと思った

キャリアに行き詰まりを感じた

新卒で入社以来僕は数年間工場の管理系の仕事をしていました。

仕事自体は非常に忙しく、また勉強になることも多かったのですが、

なおひ
なおひ

僕はずっとこの仕事したいだろうか

という点には疑問を感じていました。

なおひ
なおひ

正直残業は多いし、常に板挟みだからストレスも多くてつらい…

これから伸びる仕事でもないし別の仕事にチャレンジしたいな

そう思っているときにたまたま目に留まったのが
社内公募の募集開始を知らせるメールでした。

未経験で異なる専門の仕事に携わることにメリットを感じた

僕の会社は未経験の異なる仕事に携わる機会は少ない会社でした。

その為、別の仕事をしようと思った時にまず思い浮かぶのは転職でした。

ただ、未経験で転職というのはハードルは高いですよね。
十中八九年収は下がります。

なおひ
なおひ

収入が下がるのは正直嫌だなあ

なおひ
なおひ

「これに一生を捧げたい!」っていう仕事も特にないしなあ

 

そう考えて、なかなか動けずにいました

そう思っていた時に社内公募のメールを見て

なおひ
なおひ

転職だと年収が下がるかもしれない。
しかし社内公募なら給料は同じだな…

なおひ
なおひ

給料同じで未経験の仕事が出来るならやってみるか

 

 

と考えました。

もちろん未経験の仕事への応募の為、ハードルは多少高くなりますが
それでも転職よりはずっとハードルが下がります。

もし不合格でも経験としてよいと思った。

なおひ
なおひ

僕なんかが申し込んで合格をもらえるだろうか・・・?

という不安はもちろんありました。

 

公募を受ける際にエントリーシートの作成は必要になります。

なおひ
なおひ

エントリーシートを作るだけでも良いか

と考えて社内公募を受けることにしました。

エントリーシート作成の為には以下の事が必要です。

自分がこれまで仕事で得たスキル、挙げた成果の棚卸

僕はこれまでそのようなことをしていなかったので

なおひ
なおひ

自分を見つめ直す意味でもやってみよう!

という思いになりました。
結果がどうであったとしても僕はこの作業をやって良かったと思っています。

とっさに仕事の紹介をしなければならない場面でもスラスラ出てくるようになりましたし。

これらの事を考えた結果、

なおひ
なおひ

行き詰まり感を抱えながら悶々とするよりも動いてみよう!

という考えになったので
実際に社内公募を受けることにしました。

選考プロセスなどの話はまたの機会にさせて頂きたいと思います。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

こちらの本も参考にしました↓

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

余裕ある人生を追及しています。
僕の挑戦を記事にしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる