初心者が自宅で筋トレを始める為に必要なもの【オススメ5選】

こんにちは!なおひです!

最近家にいることが多いので運動不足気味です。

おうち時間が増えたので歩く機会も減り、ジムにも行きづらい状況が続いていますね。

なおひ

身体が鈍っていく一方です。

こんな状況を打破するために少し前から自宅での筋トレを始めています。

おうち時間が増えたので歩く機会も減り、ジムにも行きづらい状況が続いていますね。

なおひ

でも、筋トレって何が必要なんだろう?
ダンベルとか?

こんな風に筋トレを始めるのに何を揃えて良いか迷っている方も居ると思います。

そこで今回初心者がお手軽に筋トレを始める為に必要なものを紹介していきます。

なおひ

これから自宅筋トレを始めようとしている方は必見です!

こんな人にオススメ

  • 運動不足気味の方
  • 自宅筋トレを始めたい方
  • 自宅筋トレ用の道具で迷っている方
目次

自宅筋トレに必要なもの

今回紹介する自宅筋トレ用グッズは以下の5つです。

  1. ヨガマット
  2. トレーニング系Youtube動画
  3. 腹筋ローラー
  4. プッシュアップバー
  5. ダンベル

ヨガマット

自宅筋トレをするにあたり、ヨガマットは必須です。

なおひ

むしろこれが無いと始まりません。

ヨガマットの良い点は以下の通り。

ヨガマットさえあれば大抵の自重トレーニングがやれる

自宅の床にそのまま寝転がって腹筋や腕立て伏せをすると腰や手が痛くなります。

かといって布団の上でやるのは汗をかくので気持ち悪くなります。

そんな時にヨガマットがあれば余分な痛みを感じることなく筋トレに集中できます

なおひ

正直これだけあれば他はいらないレベルです。
そのくらい必須。

自宅筋トレを始めたい方はまずヨガマットから用意してみてください。

トレーニング系Youtube動画

これはあるとトレーニングの質が上がります。

Youtube動画を利用するメリットは以下の通り。

動画を見て真似をすることで効率の良いトレーニングが出来る

筋トレしよう!と思った時に初心者が思いつくメニューって限られていると思います。

なおひ

腹筋
腕立て
スクワットくらい?

しかもどこを意識して筋トレして良いかも曖昧になりがちです。

そこでオススメしたいのが動画を見ながら真似をすること。

詳しい人がメニューを紹介してくれる上に実践しながら気を付けるポイントも解説してくれます。

僕が良く使っている動画は以下のものです。

 

なおひ

本当に効果あるのかな?という無駄な自問自答が無くなるので楽です(笑)

腹筋ローラー

これは腹筋や背筋等、体幹を鍛えたい方にオススメの器具です。

これのメリットは以下の通り。

腹筋、側筋、背筋等、体幹に関わる筋肉を一気に鍛えられる

とにかく腹筋を割りたい方にはおススメです。

一度やれば分かりますが尋常じゃないくらいの負荷が掛かります。

なおひ

初めてやる方は注意です。
翌日腹筋が崩壊します。

やり方としては膝をついてローラーを動かす「膝コロ」と立った状態からローラーを動かす「立ちコロ」があります。

初心者の方には圧倒的に「膝コロ」をおススメします。

「膝コロ」の方がやりやすい上に体幹への負荷も感覚的には効率よくかかっているよう感じがします。

最初は10回、厳しければ5回くらいからスタートしても良いと思います。

コツコツ続けながらやれる回数を徐々に増やしていくのが継続のコツです。

なおひ

僕は10回こなせましたが、彼女にやってもらったら3回くらいで崩れてました(笑)

 

プッシュアップバー

こちらは上半身のトレーニングにオススメの器具です。

メリットは以下の通り。

通常の腕立て伏せより負荷を高めることが出来る

まず上半身を鍛えたい方は腕立て伏せがオススメです。

腕、肩、胸、背中辺りを鍛えることが出来ます。

それに加えてさらに負荷を高めたい方はプッシュアップバーを使うことで格段に負荷を高めることが出来ます。

なおひ

特に胸への効き方が段違いです。

まずは通常の腕立て伏せをやってみて、物足りなくなったら用意するのがオススメです。

ダンベル

こちらは自重トレーニングでは物足りなくなってきた方にオススメの器具です。

メリットは以下の通り。

自分の自重以上に負荷を高めることが出来る。

自重での体幹トレーニングで物足りなくなってきた方はダンベルを用意して更に負荷を強めると強い身体を手に入れることが出来ます。

また、自重では中々鍛えられない部分もダンベルを使うことで鍛えられるようになります。

とりあえず重りが欲しい方はまずは5㎏くらいの軽いものを用意すると良いです。

段々慣れてきてそれ以上の負荷をかけたくなったら重さを変えられるダンベルがオススメです。

なおひ

個人的にダンベルを使いだしたら筋トレ初心者から一個レベルが上がる気がします。

おすすめのやり方

筋トレのおススメのやり方としては

  1. まず動画を真似して自重トレーニング
  2. 慣れてきたら器具を使う
  3. 筋肉をついてきたら更に負荷をかける

この手順がオススメです。

普段運動をしていない人であれば自重トレーニングだけでも中々の負荷になります。

特に体幹トレーニングなどは次の日全身筋肉痛必至です。

なおひ

僕も最初バキバキになりました。

まず自重だけでやってみて、段々筋肉痛にならなくなってきたら腹筋ローラーやプッシュアップバーを使うのが良いと思われます。

これらの器具を使うと再び全身筋肉痛を味わうことが出来ます。

なおひ

鍛えられてきたかな?と思っていた僕の身体もバキバキになりました。

それでも足りない方はダンベルを用意して更に負荷をかけて鍛えていきましょう。

なおひ

ここまでいくと趣味欄に「筋トレ」って書けると思います。

筋トレが終わった後はプロテインを飲んだら完璧です。

実際僕が飲んでた時期は筋肉がつきやすくなった…ような気がします。

高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】

 

なおひ

全然関係ないですが、僕の担当の美容師さんはプロテイン絶賛してました

後は最初からあまり負荷をかけると身体を痛めてしまうのでくれぐれも無理は禁物です。

身体が悲鳴を上げないくらいの負荷からコツコツ続けていきましょう。

なおひ

筋トレも継続が大事です。

まとめ

色々ご紹介しましたが、自宅で筋トレするならとりあえずヨガマットがあればOKです。

とりあえずちょっとやってみて続けられそうなら色々器具に手を出してみるのが良いと思います。

まずはヨガマットを引いてみて腹筋10回でも良いので始めてみましょう。

最初は少しだけでも良いので始めてみると段々体の変化を感じられるようになります。

筋トレの他にも色々運動をしてみたい方にはこちらの記事もオススメです↓

 

今回紹介したもののおさらい

ヨガマット

筋トレ系Youtube動画

腹筋ローラー

プッシュアップバー

ダンベル

本日の内容は以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

にほんブログ村に参加しています!良ければ応援ポチ頂けると嬉しいです↓

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク↓

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる