【例文あり】キャリアプランが思いつかない時の考え方と対処法

キャリアプランが思いつかない時の考え方と対処法
かりん

キャリアプランって無いとダメなのかな?
将来のことなんて分からないし全然思いつかないよ…

なおひ

将来のプランなんて言われても思いつかないのが普通だよね
でもプランを作ると自分の人生に大きなメリットがあるんだよー

転職面接や会社の定期面談などで聞かれる将来のキャリアプラン。

正直思いつかない人がほとんどですよね?僕も最初は全く思いつきませんでしたし、特に考えてもいませんでした。

しかし将来のキャリアプランを考えるメリットは非常に多く、仕事だけでなく自分の人生を理想に近づけることができます。

逆に将来のプランを考えずに転職などをすると失敗するリスク大です。。。それは嫌ですよね?

そこで本記事ではキャリアプランはどうしたら作れるのか、その考え方とやるべきことを解説します。

本記事は実際にキャリアプランを考えた結果、社内公募でキャリアチェンジに成功した僕の経験をベースに作成しています。

この記事の著者
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • 以前は生産技術職で残業地獄
  • 現状を変えるためキャリアコーチングを受ける
    ⇒社内公募でキャリアチェンジ成功
  • 在宅勤務+定時の労働環境を得る

運営者プロフィール・Twitter(@Naohi99

この記事を読むことで以下の事が分かります。

この記事で分かること
  • 将来のキャリアプランが思いつかない理由
  • キャリアプランを考えるべき理由
  • キャリアプランの考え方とその例文

この記事を通して自分の将来のキャリアプラン考えた上で将来の進路や選考の合格に役立てることが出来ます。

目次

キャリアプランが思いつかないのは悪いこと?

かりん

将来のキャリアプランって無いとダメなのかな?

自分の将来のキャリア、やりたい仕事、こう聞かれても思いつかない人がほとんどです。

将来のキャリアプランなんて思いつかないのが当たり前です。

しかし将来のプランを考えることは、仕事生活のみでなく自分の理想の人生を手にれるための手助けをしてくれます。

キャリアプランが思いつかない理由

将来のキャリアプランはなぜ思いつかないのか?理由は二つあります。

思いつかない理由
  • 仕事を取り巻く環境の変化が加速している
  • 将来の仕事の経験がない

世の中の環境の変化も加速しているため、これまで何十年と続いてきた仕事が同じように存続できる保証はありません。

そのため、上司や先輩のキャリアを参考にしてプランを考えるのは難しくなってきています。

なおひ

例えば、少し前まではAIの活用なんて全然聞きませんでしたよね

将来自分がしたい仕事を経験している人は珍しく、大半の人は経験がないものに対してプランを立てることになります。

しかし経験したことがないものを予想するのは難しく、思いつかないのが当然です。

なおひ

例えば将来社長になりたい人が居たとして、そういう人の大半は社長の経験なんて無いはずです。

特に新卒入社してまだ日が浅い20代の人が、ただキャリアプランを考えろと言われてもそんなの考えられないのが普通

キャリアプランが無いからといって「自分はダメなやつなのか」と悩む必要は皆無です。

あわせて読みたい

それでもキャリアプランを考えるべき理由

ならばなぜキャリアプランを考えろと言われるのか?

それはキャリアプランを考えておくことで以下のようなメリットがあるからです。

キャリアプランを考えるメリット
  • 採用に合格しやすい
  • 自分の理想の人生に近づける

採用に合格しやすい

転職や社内公募など採用試験を受ける時にキャリアプランを考えておくことで合格の確率は高まります。

キャリアプランを考える効果
  • 志望している会社/仕事に対する真剣度をアピールできる
  • 採用後もモチベーション高く仕事をしてくれそうと思わせられる
  • 採用してすぐやめてしまうことはないだろうと思わせられる

将来を見据えている人といない人では圧倒的に見据えている人の方が印象が良いです。

将来のプランを考えている=自分のやりたい仕事についても考えている

その上でこの仕事を選んでくれたのだ、という印象を採用担当に植え付けることが出来ます。

なおひ

少なくとも適当に選んだわけじゃないなと思ってもらえます

担当者が人を採用するときに見るポイントは以下の二点です。

  • 採用後もモチベーション高く仕事をしてくれるかどうか
  • すぐに辞めないかどうか

将来プランを提示することで「この人はしっかり働いてくれそう」、「すぐには辞めなさそう」と思ってもらえます。

なおひ

将来のプランがあれば採用担当の不安を解消できるから有利なのです

自分の理想の人生に近づける

自分の将来プランを考えることでどんな人生にしたいか、それを考えるきっかけになります。

キャリアプランを考える効果
  • 自分が送りたい人生について考えられる
  • 自分の価値観を再認識できる

どんな人生にしたいか、という点は仕事内容でなくてもOKです。

例えば

  • どんな働き方をしたいか
  • どんな生活がしたいか
  • 年収はどのくらい欲しいのか

考えた上で必ずその通りになる、というものではありませんが確実に幸福度の高い人生に近づくことが出来ます。

なおひ

忙しく働いていると「どんな風に生きたいか」という部分を忘れてしまいがちです

キャリアプランの考え方

かりん

キャリアプランってどうやって考えたらいいの?

実際に自分のキャリアプランを考える時には以下の順番で考えましょう。

キャリアプランを考える手順
  1. 目指すゴールを考える
  2. 現状分析をする
  3. ゴールまでに必要なステップを考える
  4. 今の経験・スキルで踏み出せそうなステップを考える

目指すゴールを考える

まずは自分の目指すゴールを考えましょう。

ここで考えるのはどんな仕事をしたいか、ではなくどんな人生にしたいかです。

例えば

  • どんな暮らしがしたい?
  • どんな場所で生活したい?
  • どのくらい、いつまで働きたい?

仕事も自分の人生あっての仕事です。

まずはどんな風に生きていきたいか、自分の希望から書き出していきましょう。

なおひ

仕事ありきで考えてもいいですが、将来その仕事が残っているか分かりませんからね

目標が思いつかないときの考え方はこちらの記事で解説しています↓

あわせて読みたい

現状分析をする

目指すべきゴールが見えたら次は今の自分が持っている経験やスキルを洗い出しましょう。

以下のように進めると洗い出しがしやすいです。

洗い出しの手順

  1. これまで経験した仕事を書き出す
  2. その中で苦労したことを書き出す
  3. 仕事を通して変化したことを書き出す。

大切なことは経験したことをすべて書き出すこと、その中から苦労したことをピックアップすることです。

苦労したこと=成長につながったことです。

それらを経験したことで確実に成長した自分を振り返ることが出来ます。

なおひ

自分にも自信が持てるようになりますよ

これらの内容はこちらの記事で詳しく解説しています↓

あわせて読みたい

ゴールまでに必要なステップを考える

次に、そのゴールに到達するために必要なものは何か考えていきましょう。

例えば以下の観点で考えると見えてきます。

  • 年収はどのくらい?
  • 必要なスキルはなに?
  • どのような経験を積めばよい?

ここで具体的に必要なものを考えることで先ほど考えた理想を現実に落とし込んでいきます。

なおひ

ここは一番頭を使います
どうすれば自分の求める人生に近づけるか、しっかり悩むことで段々見えてきます

最初に踏み出せそうなステップを考える

ゴールに至るまでのステップを考えたら自分が最初にするべきアクションプランを考えましょう。

自己分析で洗い出した自分の経験やスキルからゴールに至るまでに必要なものの中から最も手に入れやすいものを考えると考えやすいです。

アクションプランとしては例えば以下のものがあります。

  • 資格取得
  • 実務経験を積む
  • 転職・異動

キャリアプランに沿ったアクションプランの立て方はこちらの記事で解説しています↓

あわせて読みたい

キャリアプランの例文(社内公募合格時のもの)

実際に僕が社内公募で工場勤務からIT部署へ異動しました。

その時に考えたキャリアプランを載せます。

目指すゴール

  • 安定した生活を送りたい
  • 住む場所は都市圏がいい
  • 残業が少なくワークライフバランスが取れた仕事がしたい

ゴールまでに必要なもの

  • これからも生き残る仕事 ⇒ これから伸びる業種
  • 勤務地が都市圏の仕事
  • 残業が恒常化しない職場

今の経験・スキルで踏み出せるステップ

  • 工場でプロジェクトをまとめた経験あり
     ⇒他の業種でもプロジェクトの取りまとめの仕事に活かすことが出来る
  • 業種を工場勤務からIT関係に変える
  • 勤務地が都市圏の公募案件を選ぶ

将来のキャリアプラン

  • これまでの経験を活かし、IT関係プロジェクトの取りまとめの仕事をしながらIT関連知識を高め、
     将来的にはデジタル技術利用のとりまとめ的な存在として事業の付加価値向上に貢献したい。

安定した生活の為には会社は変えない方が良いと感じたこと、

さらに未経験の仕事をするハードルの低さとちょうど都市圏の社内公募案件があったことから僕は社内公募にて目標に向かってキャリアチェンジすることにしました。

社内公募を選んだ詳しい理由はこちらの記事で解説しています↓

あわせて読みたい

キャリアプランがどうしても思いつかない時の対処法

かりん

やっぱり一人で考えても全然わからないよー!

将来のキャリアプランを考えるのに一人だと不安、そんな人はキャリアコーチングを利用しましょう。

キャリアコーチングとは?

プロのキャリアコーチが自己分析やキャリアプランの設定をサポートしてくれるサービス。
転職を目的としたサービスではないことが転職エージェントとの違い。

自己分析をするにしても一人だとやり方も分からず困る人が大半ですが、プロのコーチにサポートしてもらうことでより自分の価値観に合ったキャリアプランを立てることが出来ます。

一つ紹介するならば「キャリート」のサービスを推します。

キャリアコーチングサービスの中でも価格が圧倒的に安く、なおかつ遜色ない高品質なサービスを受けることが出来ます。

初回60分は無料のうえ、申し込みも簡単なので迷ったらお試し相談してみましょう!

\将来のプランはもう迷わない!/

初回60分無料!

どのキャリアコーチングが自分に合ってるのか知りたい人のために僕が使った5つのサービスを比較しました!

まとめ

中々考えるのが難しい将来のキャリアプランですが、しっかり考えると人生の道が開けてきます。

この記事を通して基に自分の人生を良い方向へ持っていける人が一人でも増えると嬉しいです。

今回の内容をおさらいします。

キャリアプランが思いつかない理由

  • 仕事を取り巻く環境の変化が加速している
  • 将来の仕事を経験したことがない

キャリアプランを考えるべき理由

  • 採用に合格しやすい
  • 自分の理想の人生に近づける

キャリアプランの考え方

  1. 目指すゴールを考える
  2. 現状分析をする
  3. ゴールまでに必要なステップを考える
  4. 今の経験・スキルで踏み出せそうなステップを考える

キャリアプランの例文

社内公募に応募するときに使用した例文

キャリアプランが思いつかない時の対処法

キャリアコーチングサービスを利用してプロに相談する。

オススメのサービス⇒ キャリート

色々なキャリアコーチングサービスを比較したい人はこちら↓

考えるのは大変ですが自分の人生を更に良くするためにこれを機に一度考えてみてはいかがでしょうか?

今回の内容は以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる