社内公募で異動してみて思ったこと【異動後3か月の雑感】


今回の記事はザックリこんな内容です。

  • 異動してみて良かったこと  ⇒ モチベーションが上がる、新しい仕事が出来る
  • 異動してみて大変だったこと ⇒ 人間関係作り直し、新しい職場に慣れる
  • 社内公募はオススメか    ⇒ オススメ

こんにちは!なおひです。

社内公募で異動してから約3か月程経ちました。

異動してみてどんな感じなのか、今回紹介します。

なおひ
なおひ

正直な感想をお届けします。

他の社内公募シリーズはこちら↓

https://easyful-life.com/shanaikoubo-1/

https://easyful-life.com/shanaikoubo-entry/

https://easyful-life.com/shanaikoubo-interview/

https://easyful-life.com/shanaikoubo-bareru/

目次

異動してみて良かったこと

社内公募で異動してみて良かったことは以下2つ。

  • モチベーションが上がる
  • 年収ダウンのリスク無しで新しい経験を積む/スキルを付けられる

モチベーションが上がる

まず自分で希望した仕事が出来る点でやる気上がります。

しかも合格した=相手からも期待されているなので更にやる気UPします。

関わる仕事の新鮮さもメンタルに良い影響を与えてくれます。

 

なおひ
なおひ

僕自身、異動してからより積極的に仕事に向かっていけています。

年収ダウンのリスク無しで新しい経験を積む/スキルを付けられる

僕の場合、これまでとは仕事内容が大きく異なる部署に応募したため、全く未経験の状態です。
普通は未経験の仕事に携わるハードルは非常に高いです。

転職の場合は年収ダウンを受け入れなければ難しいです。

なおひ
なおひ

年収ダウンは正直厳しいな…

しかし、社内公募の場合、同じ会社内なので給料は基本変わりません。

今の生活を変えずに新しい経験が出来るのは大きなメリットです。

なおひ
なおひ

ローリスクハイリターンです

大変だとおもうこと

逆に大変だと思うことは以下2つです。

  • 人間関係はほとんど一から作り直し
  • 新しい仕事、職場の文化に慣れる必要がある

人間関係はほとんど一から作り直し

僕の場合、勤務先の事業所ごと変わったので人間関係は一から構築し直しでした。

どのくらい人間関係が変わるかはケースバイケースです。

仕事をする上でのキーマンを見つけ、繋がりをつくるのは最初はやはり大変です。

なおひ
なおひ

僕はコミュ障な方なので苦労しています(笑)

新しい仕事のやり方、職場の文化に慣れる必要がある

職場変わると少なからずやり方や文化は変わります。

なおひ
なおひ

コピー機の使い方、書類のフォーマット、メールの作法など

細かいところに差があります。

そのため、これまでのやり方に固執せずに新しい環境への適応をする必要があります。

新しい環境への適応はエネルギーも使うし大変です。
しかし、環境が変わるイベントはこの先絶対発生します。

なおひ
なおひ

部署異動や転職、独立など。

人生色々です。

僕自身は今の段階で経験出来て良かったと思っています。

新しい環境に適応するのも慣れれば楽に出来るとも思っています。

なので今回環境を変えたことで次回以降の大変さを軽減できたかな、と思っています。

社内公募はオススメか

社内公募は以下のパターンに当てはまる人にオススメです。

  • 未経験で新しい仕事をしたい方
  • 年収を下げたくない方
  • 会社は変えたくないが業務内容は変えたい方

低リスクで新しい挑戦をしたい方に向いているといえます。

 

なおひ
なおひ

でも、皆そうですよね?

僕もそうです。

基本的にリスクが高くて嬉しいことって無いと思います。

もし、今の仕事とは別の事がしたい、でも生活が苦しくなったりするのは辛いと考えている方は
自社で社内公募の制度があれば申し込んでみてはいかがでしょうか?

なおひ
なおひ

思っているよりもずっとハードルが低かった印象です。
転職を考えている人は並行して考える価値はあると思います。

今日の内容は以上です。
ここまで読んでくださりありがとうございました。

こちらの本も参考にしました↓

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

余裕ある人生を追及しています。
僕の挑戦を記事にしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる