合わない仕事を嫌々続けた結果失った5つのもの。原因と対処法も解説

自分に合わない仕事を続けた結果失ったもの
かりん

今の仕事って私に合ってない気がする
このまま続けていいのかな?

今の仕事や職場が自分に合わない気がする、なんとなく力を発揮できていない。

でも転職するのは大変だしそのままダラダラと続けていませんか?

「合わない仕事だけど続けている」と言われると粘り強くて頑張っているように思えますが実は危険なのです。

自分に合わない仕事を続けることは失うものがとても多く、辛い人生になってしまう可能性大。

なおひ

僕も新卒入社した部署が合わず、時間・健康など色んなものを失くしました…

そんな人生はいやですよね?

今回は自分に合わない仕事を続けて失ったものとそうならないための対策を解説します。

本記事は実際に合わない仕事を続けて様々なものを失った僕の経験をベースに作成しています。

この記事の著者
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • 以前は生産技術職で残業地獄
  • 現状を変えるためキャリアコーチングを受ける
    ⇒社内公募でキャリアチェンジ成功
  • 在宅勤務+定時の労働環境を得る

運営者プロフィール・Twitter(@Naohi99

この記事で分かることは以下の通りです。

色々なものを失いましたが、きちんと対策して行動することで僕の人生はかなり好転しました。

仕事が合わないと悩んでいる人はこの記事を読んで対策することで人生を良い方向にもっていくことが出来ます。

自分に合った仕事を見つけたい人はこちらもチェック!≫≫キャリアコーチングを無料で受ける方法

目次

仕事が合わないと感じる理由

かりん

なんか今の仕事が合わない気がするんだよね
何でだろう?

なんとなく今の仕事が合わないと思っている人は多く、調査によると実に9割の人が一度は会社を辞めたいと思ったことがあることが分かっています。

会社を辞めたいと思ったことがある人の割合

引用:1,000名に聞いた会社を辞めたい理由ランキングと辞めたいときの対処法|Biz Hits 

なぜ仕事が合わないと思うのか?その理由は大きく以下の3つです。

そもそも自分が苦手な仕事をしている

人にはそれぞれ向き不向きがあります。

自分の特性と合わない仕事をしている人は「この仕事は自分に向いていない」と思うのも当然のことです。

例えば

  • 人と関わるのが好きじゃないのに接客業をしている
  • 細かい確認作業が苦手なのに事務仕事をしている
  • 身体が強くないのに肉体労働をしている
かりん

そんなの当たり前じゃん

こう書かれると当たり前だと思うかもしれませんが、実際はそんな状況に陥っている人が非常に多いのです。

自分の特性と仕事が合わなければ結果を出すのは当然難しく、結果が出ないからモチベーションも落ち、仕事の目標も見えなくなりより落ち込んでいくという悪循環にハマります。

なおひ

頑張っても結果が出ないのが続くうちに頑張ることも出来なくなっていきます…

自分が向いている仕事を簡単無料診断!≫≫アプリで簡単!5分で自己分析!

職場の人間関係が良くない

職場の人間関係が良くない場合も「この仕事は自分に合わない」と感じる人が多いです。

その理由は人間関係が悪いと仕事のパフォーマンスも下がるため、良い結果が出ないからです。

調査の結果からも上司に怒られた場合、40.6%の人が「仕事のモチベーションが落ちた」と感じる一方で「仕事の取り組み方は改善されなかった」という人が56.7%います。

上司に怒られた時のモチベーションと仕事の変化

引用:6月病対策必見! 新・管理職の方は「怒り方」に要注意!?「怒られる側」と「怒る側」で“怒り”の感じ方に明らかな差が!|PR TIMES

つまり、職場に怒る人が居るとモチベーションだけ下がり仕事のやり方は特に改善されないということがわかります。

そうなると仕事で結果も出なくなり、自分はこの仕事が合わないのだと思うようになります。

なおひ

怒鳴る人がいると自分が言われたわけじゃなくても委縮して普段通り振舞えなくなりますよね

上司に人間関係について相談したい人はこちらの記事も参考にしてください↓

希望していた仕事と違う

自分が希望していた仕事と違う場合はモチベーションが下がり「やっぱりこの仕事合わないな」と思うようになります。

このパターンは以下の2パターンあります。

  1. 希望通りの部署に配属されたが内容が思っていたのと違う
  2. 希望通りの部署に配属されなかった

1のパターンは大企業によくありがちのパターンです。

仕事内容が思っていたのと違う例
  • 研究開発の仕事をするはずが、実際は外部に研究の委託をする書類作成ばかり
  • 設計の仕事のするはずが、実際はお客様と社内の調整ばかり

特にホワイト企業と呼ばれる大きな会社ほどこの傾向が強くなりがちなので注意が必要です。

大きな会社ほど仕事内容が社内調整ばかりになり、思ってたのと違うとなる傾向が強くなります。

なおひ

やりたい仕事を選んだはずなのに…とモヤモヤしますね

2も新卒入社した会社ではありがちな問題です。

いわゆる配属ガチャですね。

希望の会社に入れたはずなのに何か思っていたのと違う…

そう考えてモヤモヤを抱えがちになります。

なおひ

僕はこのパターンでした。
入社して半年でモヤモヤを抱え始め、結局6年そのままでした…

モヤモヤを抱えたまま働くと仕事の意欲も落ちていき、行きたくない…と思い始めます。

関連記事≫≫仕事行きたくない、家にいたいと思った時の対処法

合わない仕事を続けてしまう理由

かりん

自分に合わない仕事を続けちゃうのは何でだろう?

仕事が自分に合わないならすぐ辞めちゃえばいい、転職してしまおう!

大多数の人はなかなかこうなりませんよね。

仕事が合わないと思っていても続けてしまう理由は大きく以下の3つです。

職場に迷惑をかけたくない

自分が居なくなると職場に迷惑をかけてしまう、同僚を苦しませることになる。

こう考えて身動きが取れなくなっている人ってかなり多いです。

なおひ

「俺が抜けると職場回らなくなるから転職できないんだよね」とか言っている人居ますよね。

または「せっかく仕事を任せてもらっているのに、放り出すことなんて出来ない」と考える人もいます。

その責任感は素晴らしいことですが、このような人は自分の人生を犠牲にしています。

会社のために生きるor自分のために生きるのどちらを選びたいか?と聞かれたら99%の人は自分のために生きるを選びたいですよね?

なおひ

自分の人生は他人のものじゃありませんよね

しかし、会社に迷惑がかかるから自分はそのまま働くという人は完全に自分ではなく会社のために生きるという選択肢を選んでいることになります。

仮にあなたが抜けて会社が回らなくなったとしても、悪いのはあなたではなく会社の組織です。

人が抜けるというイベントは会社側がそもそも想定しておくもので、それでも仕事が回るようにしておくのが会社や上司の責務です。

あなたが抜けて職場が回らなくなったとしても決してあなたが会社を裏切ったから悪い、ということにはなりません。

やりたくない仕事を続けなくて良い理由はこちらの記事で解説しています↓

すぐに辞めると転職で不利だと思う

「石の上にも三年」この言葉聞いたこと無い人はほとんど居ませんよね?

この言葉の影響力は大きく、転職などを考える時も半数以上の人が3年を基準にしておりそれより早く辞めるのは良くないことだと考えていることが分かっています。

「転職するなら3年働いてからだと思うか?」に対するアンケート結果

引用:転職は「とりあえず3年」働いてから? 入社3年以内の転職は不利? アンケートで分かった意外な事実とは|マイナビ転職

では本当に3年以上同じ場所で働かないと転職では不利なのか?そんなことは全くありません。

僕の友達の事例では1週間で会社を辞めたけどもすぐに超大手の企業に正社員で入社した例もあります。

会社の同期でも3年以内に辞めているのに順調にステップアップ転職出来ている人が多いです。

結局はしっかり働いてくれそうな人ならば前職を3年以内に辞めていても問題なく採用してくれるパターンがほとんどだと言えます。

逆に3年経ってから…と考えていると自分の貴重な時間がどんどん無くなってしまい危険です。

なおひ

自分と合っていない仕事で3年はかなり長いです…

仕事は3年続ける必要が無い理由はこちらの記事で解説しています↓

自分のやりたいことが分からずダラダラ続けてしまう

転職しよう、異動希望だそう、でもどこに?

自分のやりたいことや将来のプランが無い場合、どこに向かって良いか分からず結局動けなくなります。

やりたいことも無いし、とりあえず現状維持で頑張ろう。環境が更に悪化するのが怖いからそのまま続けてしまうのが王道パターンです。

なおひ

好きな仕事じゃないけど行きたい場所もないし…
という感じでズルズルいきがち

他にも自分のスキルに自信が無い人もとりあえず現状維持する傾向があります。

例えば

  • どこにも転職できない気がする
  • 転職しても活躍できない気がする
  • 自分が何のスキルがあるか分からない

もし自分がこのパターンに当てはまる場合は自分の経験などを振り返ってみましょう。

そのために役に立つサービスも後述します。

合わない仕事を続けた結果失った5つのもの

合わない仕事を続けて失ったもの
かりん

自分に合わない仕事を続けるとどうなるの?

僕は新卒入社してから6年間、「自分に合わないこの仕事合わないな」とモヤモヤ悩みながら仕事を続けました。

その経験を振り返った結果、以下のものを失ったことに気づきました。

自分の時間を失った

合わない仕事を続けている間に自分の人生の時間はドンドン消費されていきます。

仕事が合わないため結果を出せない状態が続き、自信も無くなっていきました。

やる気も自信も無くなっていくので本来できていたはずの成長も出来なくなります。

なおひ

自分に合った仕事であればやる気も高まり色々な挑戦が出来たかもしれません…

さらに僕の場合、残業時間が多かったためプライベートでも自分の時間を削られ疲れ果てていました。

すぐに別の方向に向かって動き出せればまだ問題ありませんが、この状態でズルズル続けると別の道に進む可能性も狭まってしまうのでより大変です。

健康な体を失った

自分に合わない仕事を続けることはストレスが大きく、ストレスが確実に身体を蝕んでいきます。

僕は社会人になるまでほとんど風邪を引かない人間でしたが、仕事が始まってから月に1回は熱を出すようになってしまいました

なおひ

今思い返しても毎月発熱するのは異常ですよね

さらにストレスからか扁桃腺を腫らして40℃近い高熱が出ることもしばしば…

これらの症状は社内公募で異動をしてから全く見られなくなったので完全に自分に合わない仕事が原因でした。

穏やかな心を失った

合わない仕事を続けていると自信が無くなり、自己肯定感も下がっていきます。

その結果、常に余裕が無い人になりちょっとしたことでも怒られないかビクビクしたり、注意されると逆ギレするような状態になっていました。

なおひ

完全に扱いづらい人ですよね

また、自己肯定感が下がった影響で常に自分は努力不足であるという考えに支配されるようになります。

その結果、休息の時間でも罪悪感から心も身体も休まらず、さらに疲弊していました。

人生のやる気を失った

仕事もモチベーションが上がらない影響で平日は抜け殻のような状態で過ごすしていました。

その状態が続くとやる気がない抜け殻状態が自分のデフォルトに変わっていきます。

平日の労働に耐える肉体・精神両方の疲労が大きいため、休日が寝ているだけで終わるようになっていました。

なおひ

平日はひたすら労働に耐え、休日は平日を取り返すかのように眠る日々…

この状態が続くと新しいことに挑戦する意欲も削がれ、もっと得られたはずの人生の思い出も減ってしまいます。

お金を失った

合わない仕事を続けることはお金も奪っていきます。

例えば

  • ストレス発散のための散財
  • 崩した体調のための医療費
  • 仕事で結果が出ず、年収が伸びない

休日は何をやる気も起きないのでネットショッピングが唯一の癒しに変わっていきます。

こうなったら要注意。必要のないものを買いあさり、お金も家のスペースも無くなり余裕を失っていきます。

なおひ

やりもしないのに買った筋トレ器具とか、一回しか使わなかったような調理器具とか…

更に体調を崩すことが多くなったので医者での診察費、薬代が積みあがっていきました。

医者に行かないと余計辛いので行くのですが、月に何回も行くとちりつもで結構な費用です。

また、合わない仕事を続けることで本来できていたかもしれない昇進も出来なくなり、結果将来の収入を捨てることになりました。

仕事が合わないと思った時にするべきこと

仕事が合わない時にするべき対策
かりん

この仕事合わないな、と思ったらどうしたらいいの?

自分に合わない仕事を続けていると上で述べたように色々なものを失います。

そのような状態を防ぐために出来る対策は以下の3つです。

自分が本当はどう過ごしたいかを考える

一番大事なことは自分が本当はどう過ごしたいのかどんな人生を送りたいのか考えることです。

仕事だけでなくプライベートも含めて「どんな人生にしたいか」考えるのがポイントです。

例えば

  • どんな暮らしがしたい?
  • どんな場所で生活したい?
  • どのくらい、いつまで働きたい?

自分の理想を描いた上で、その後のアクションプランを考えることで自分が本当はどうするべきか見えてきます。

それが今の職場・会社では叶えられない人は転職や異動を、自分の理想がよく分からない人はキャリアコーチングの利用を検討しましょう。

なおひ

僕は自分で考えてもよく分からなかったので後述するキャリアコーチングを利用しました

将来のキャリアプランが思いつかない人向けにこちらの記事で考え方を解説しています↓

キャリアコーチングで相談する

一人で考えてもどうしたいか分からない、誰かに相談したいけど相談出来る人が居ない。

そんな人はキャリアコーチングサービスを利用しましょう。

キャリアコーチングとは?

プロのキャリアコーチが自己分析やキャリアプランの設定をサポートしてくれるサービス。
転職を目的としたサービスではないことが転職エージェントとの違い。

プロのキャリアコーチが自己分析やキャリア戦略の設定を二人三脚でサポートしてくれます。

転職を前提としたサービスではないので転職したいか分からない人にうってつけのサービスです。

なおひ

僕はこのサービスを使った結果、社内公募での異動を決意しました

僕が試した中でコスパ最高だったのは「キャリート」のサービスです。

キャリアコーチングサービスの中でも価格が圧倒的に安く、なおかつ満足度4.71点/5点と業界最高クラスのため、コスパ良くサービスを受けることが出来ます。

初回60分は無料のうえ、申し込みも簡単なので迷ったらお試し相談してみましょう!

\将来のプランはもう迷わない!/

初回60分無料!

その他に実績を重視するなら「ポジウィルキャリア」、満足度を重視するなら「マジキャリ」も有力です。

どのキャリアコーチングが自分に合ってるのか知りたい人のために僕が使った5つのサービスを比較しました!

転職を検討する

もし自分のやりたいことや目指したい業界・会社が見えてきている人は転職を検討しましょう。

転職の進め方は以下の2通りありますが、どちらも並行して進めるのが効率いいです。

転職の進め方
  • 転職サイトに登録して自力で求人を探す
  • 転職エージェントのサポートを受けながら転職活動する

自力で転職活動を進める人はまずは転職サイトに登録するからスタートです。

イチオシの転職サイトはこちら↓

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

転職エージェントのサポートを受けると当然ながら成功率が高まります。

転職エージェントは基本無料なのでまずは登録して話を聞いてみましょう。

オススメの転職エージェントはこちら↓

\第二新卒、既卒、フリーターOK!/

完全無料で転職までサポート

まとめ

自分に合わない仕事を続けていると様々なものを失います。

僕のような失敗はしないよう、この記事を読んだ人が一人でも自分の人生を良い方向に進められることを祈っています。

本記事の内容をおさらいします。

仕事が合わないと感じる理由

合わない仕事を続けてしまう理由

合わない仕事を続けた結果失ったもの

仕事が合わないと思った時にするべきこと

自分がどうしたいか分からない人はキャリアコーチングサービスでプロに相談しましょう。

コスパ最高のサービス⇒ キャリート

色々なキャリアコーチングサービスを比較したい人はこちら↓

今回の内容は以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる