【質問回答例あり】社内公募の面接合格のコツと必要な準備

かりん

面接は苦手だなあ…
どうすれば合格できるんだろう

なおひ

面接ってお決まりのパターンがあったりするよー
パターンとコツを押さえた上で準備すれば十分合格できる!

かりん

面接にもパターンとコツがあるのね!
どんな事を押さえればいいのか知りたい!

書類選考に合格したら次は面接。

面接はある程度のパターンとコツを押さえれば合格率をグッと上げることが出来ます。

逆に対策していない場合、どんなに優秀な人でも落ちてしまう可能性が高いです。それは絶対嫌ですよね?

そこで本記事では社内公募の面接でされる質問の回答のコツ・回答例や必要な準備を紹介します。

実際に社内公募を受けて合格した経験をベースに記事にしています。

この記事の著者
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • 本業と副業を両立する会社員
  • プログラミングで業務効率化
    (残業時間80H⇒20H)
  • 社内公募に合格
    在宅勤務+ほぼ定時の働き方を得る

運営者プロフィール・Twitter(@Naohi99

この記事を読むことで以下の事が分かります。

この記事で分かること
  • 面接でよくされる質問と回答のコツ
  • 面接に合格するための受け答えのコツ
  • 面接合格に向けて必要な準備

この記事の内容をおさえることで確実に面接突破に近づくことが出来ます。

\面接対策を無料で相談!/

SPARK CAREERのサービス内容・口コミはこちら↓

目次

社内公募の面接で聞かれることと回答例

面接
かりん

面接って何を聞かれるんだろう?

面接でよく聞かれる質問は以下の通りです。

よく聞かれる質問

  • これまでの仕事内容
  • 志望動機
  • 新しい仕事で活かせるスキル
  • 新しい仕事で実現したいこと
  • 今後のキャリアプラン

それぞれ回答のコツと回答例を紹介します。

これまでの仕事内容

自己紹介もかねてこれまでの仕事内容について質問されます。

回答のコツは以下の通り。

回答のコツ

  • 最初に一般な大枠を説明する
  • 次に具体的に取り組んだ案件を一つ、二つ説明する
  • それらで得られたスキルや経験について説明する

最初に一般的に自分の仕事内容を大枠で説明します。

その理由は、いきなり具体的な話をすると相手を置いてきぼりにする可能性があるからです。

大枠⇒具体的な内容の順番で話をすることで相手の理解を追いつかせながら自分のしたい話に持っていくことが出来ます。

なおひ

相手は何も知らないという前提で話すのが大事

その後で仕事を通して得られたスキルや経験について説明しましょう。

採用担当者も単にあなたの仕事が知りたいわけではなく、それらを通して何を得たのかを知りたいのです。

大枠⇒具体的案件⇒得られたスキル・経験の順で話す

回答例

これまで私は○○という業務に携わってきました。
主な業務内容は○○と△△です。
その中で○○と××という案件の取りまとめを経験させて頂きました。
これらを通して○○という経験を積み、××というスキルを身に付けることが出来ました。

志望動機

志望動機も間違いなくされる質問の一つです。

回答のコツは以下の通り。

回答のコツ

  • 最初に簡潔に志望動機を述べる
  • 後から詳しい理由を説明する
  • 内容はエントリーシートに書いたものと矛盾しないように

最初に志望動機を簡潔に述べることで話の内容が分かりやすく相手に伝わります。

その後、詳しい理由を付け加えることでより理解しやすく、かつ説得力ある内容になります。

なおひ

話を長々聞くのは大変ですし、話している方も脱線しがちです

話す内容はエントリーシートと矛盾しないように注意しましょう。

なおひ

矛盾が生じていると相手からの信用を失います

簡潔に動機⇒理由の順番で話す。エントリーシートと矛盾しないように

回答例

私が貴部署を志望した理由は○○です。
そのように考えた理由として、××の仕事の経験を通して海外で活躍したいという想いが強まったため、海外案件を多く扱う貴部署での仕事を通してグローバルに活躍できる人材になりたいと考えたからです。

志望動機の考え方はこちらで詳しく解説しています↓

あわせて読みたい

新しい仕事で活かせるスキル

新しい仕事で活かせるあなたのスキルは何か?というのも鉄板の質問です。

回答のコツは以下の通り。

回答のコツ

  • 具体的に活かせそうなスキルを述べる
  • これまでそのスキルを活かした場面を説明する
  • 新しい仕事で活かせそうな場面を説明する

最初に結論として具体的なスキル、次にスキルを発揮した場面や経験を述べることで相手に分かりやすく能力をアピール出来ます。

なおひ

分かりやすく伝えるためにも具体例が大事!

その後、新しい仕事で自分のスキルが活かせる場面を説明することで自分を採用するメリットを植え付けることが出来ます。

なおひ

活かせる場面は想像でOKです

具体的なスキル⇒これまで活かした場面⇒新しい仕事で活かせる場面(想像でOK)で話す

回答例

私がこれまでの仕事を通して得たスキルは○○です。
××の業務の中の△△という案件を扱った際に発揮し、プロジェクトを成功に導きました。
貴部署の○○の業務を遂行する上でもこのスキルを活かすことは出来ると考えています。

自分のスキルと活かした場面を説明するためには事前に仕事のたな卸しなど準備が必要です。

選考を受ける前に必要な準備はこちらの記事で解説しています↓

あわせて読みたい

新しい仕事で実現したいこと

新しい仕事を通して実現したいこともほぼ確実に質問されます。

回答のコツは以下の通り。

回答のコツ

  • 実現したいことを最初に簡潔に述べる
  • 実現したい理由について説明する
  • 何故この部署ならば実現できるかを述べる

分かりやすく伝えるために、実現したいこと⇒その理由の順番で説明します。

この質問は「何故この部署でなければならないのか」という問いと同じです。

この部署だから○○が出来る⇒だから自分の実現したいことが出来る、という流れで話すと分かりやすく伝わります。

なおひ

ここは熱を込めて話すと相手に真剣さが伝わります

実現したいこと⇒理由⇒この部署を選ぶ理由の順で話す

回答例

私が実現したいと考えていることは○○です。
その理由は××の業務をこなすうちに△△という想いが強くなったからです。
貴部署では□□に関わる業務が多いことから、貴部署にて案件をこなし、成長することで自分の実現したいことに近づくことが出来ると考えました。

今後のキャリアプラン

将来のキャリアを聞かせてくださいという質問も鉄板です。

回答のコツは以下の通り。

回答のコツ

  • 目指す自分の将来の姿について述べる
  • これまでの仕事で得たこととこれから学びたいことを述べる
  • 将来像と志望先の部署がどのように結びついているか説明する

最初に結論として目指す将来の姿を述べ、次にこれまで学んできたこと、これから学びたいことの順で話します。

注意すべきは、これまでの仕事についてネガティブな内容にしないことです。

「これまでの部署では○○が出来なかった」と言った場合、後ろ向きな人間だという印象を持たれます。

「これまでは○○を学ぶことが出来たが、新しく△△について学びたい」と言い換えることでだいぶ前向きな内容となります。

かりん

一緒に働くなら前向きな人間な方がいいよね

最後に、自分の将来像と志望先の部署の結びつきを説明します。

これよって志望動機により説得力が生まれ、真剣さをアピール出来ます。

目指す姿⇒これまで得たことと学びたいこと⇒将来像と希望部署の仕事の結びつきの順で話す

回答例

私の将来目指している姿は○○です。
これまでの業務を通して△△を学ぶことが出来ましたが、同時に××についても勉強する必要があると強く感じました。
貴部署での仕事をこなしながら××についての経験をすることで将来目指す姿に近づきたいと考えています。

将来のキャリアプランが思いつかない人はこちらの記事で考える方法を解説しています↓

あわせて読みたい

面接合格に向けた受け答えのコツ

受け答え
かりん

面接に合格するためにはどんな風に受け答えしたらいいんだろう?

面接に合格するための質問対応のコツは以下の通りです。

合格に向けたコツ

  • 聞かれたことに端的に答える
  • 質問の意図が分からないときは聞き返す
  • エントリーシートと矛盾しないこと

聞かれたことに端的に答える

面接でされた質問には端的に答えましょう。

理由は以下の通りです。

端的に答える理由

長々話すと分かりづらい上に喋っている内容も脱線していくから

基本的に話が長くなると聞いている方は分かりづらいです。

端的に答えるコツも最初に結論です。

(結論)⇒(理由)⇒(具体例)というように簡単に話すと分かりやすいです。

なおひ

細かい内容は相手が質問してくるのを待てばOKです。

質問には結論⇒理由⇒具体的の流れで端的に答える

質問の意図が分からないときは聞き返す

とても大切なのが質問の意図が分からなかったときは聞き返す事です。

理由は以下の通り。

聞き返す理由

的外れな回答をして悪印象を与えることを防ぐため

質問したことに対して的外れな回答が返ってくると聞いている方も疲れます。

優しい面接官ならばもう一度聞き返してくれますが、そのまま流されて進んでしまうケースも少なくありません。

なおひ

印象が悪いのを挽回できなくなってしまいます…

質問の意図をくみ取るのもコミュニケーション力の一つであり、仕事でも必須の能力です。

ここで的外れな回答をしてしまうと会話のキャッチボールが出来ない人だと見られてしまいます。

かりん

会話が成り立たないと一緒に仕事するのは大変だもんね

しかし、常に100%正確に意図をくみ取るのはやはり難しいです。

そんな時に会話を続けるために聞き返すというのが大切になります。

ここでしっかり聞き返すことで、むしろ正確にコミュニケーションしようというポジティブな姿勢を見せることが出来ます。

正確なコミュニケーションの為に質問内容が分からないときはきちんと聞き返す

エントリーシートと矛盾しないこと

面接で話す内容は絶対にエントリーシートと矛盾しないようにしましょう。

理由は以下の通りです。

矛盾NGな理由

面接官からの質問はエントリーシートをベースにされるから

面接官は事前にエントリーシートを読み、話を聞きたいと思った相手に面接を行います。

ここで実際に会ってみてエントリーシートとイメージが違うと確実に印象が悪くなります。

かりん

書いてある内容と違うじゃん!ってなったら終わりなのね

なおひ

この辺はマッチングアプリと同じです。
プロフィール詐欺されたらもう無理。

最悪の場合、エントリーシートでウソをついたと思われてしまう可能性もあるので注意しましょう。

逆に言うとエントリーシートをベースにある程度話す内容を決めておくと話に一貫性が持てて好印象を与えられます。

面接官からの質問に対する回答はエントリーシートの内容と矛盾しないようにする

あわせて読みたい

面接に向けた事前準備

かりん

面接を受ける前に何を準備したらいいんだろう?

面接に向けてすべき準備は以下の通りです。

面接の準備

  • 面接の事前練習
  • 逆質問の準備

面接の事前練習

面接の事前練習は必ずするようにしましょう。

理由は以下の通り。

面接練習をする理由

準備不足が相手に伝わると応募に対する真剣度が低いとみられるから

練習無しでもスラスラ話せてしまう人は問題ありません。

しかし、ほとんどの人は練習をしておかないと言葉に詰まると思います。

なおひ

全部頭の中に入っているつもりでも、意外と言葉がスラスラ出てこないものです

多少言葉に詰まるくらいなら問題ありませんが、あまりにも言葉に詰まると面接においては悪印象です。

ここで印象を落としてしまうのはもったいないです。

そのため、想定される質問の回答はスラスラ答えられるくらいには練習しておきましょう。

本番で不用意に悪印象を与えないために練習をする。

面接の練習や事前準備はこちらの記事で詳しく解説しています↓

あわせて読みたい

逆質問の準備

面接の最後には必ず逆質問タイムが待っています。

必ずいくつか質問を事前に準備しておきましょう。

理由は以下の通り。

逆質問を準備する理由

応募の職場に対する関心度を測られるから

相手は逆質問の内容によって、本当に自分の職場に関心があるのかを見抜いてこようとします。

逆質問で大切なのは「あなたの職場で働きたい。」という思いが伝わることです。

そのために以下の事を意識して質問しましょう。

逆質問で意識すること

自分がその職場で働くイメージを固める為の質問をする

かりん

活躍するイメージ…
どんな仕事をするか…

なおひ

それをイメージするための質問が結果的にやる気のアピールに繋がるよ!

実際に僕が質問した内容は以下の通りです。

面接で質問した内容

  • どんな仕事を任せてもらえるのか
  • どんな事を期待して頂いているのか
  • 勉強しておいた方が良いことは何か

これらの質問は実際に自分が本当でその職場で働きたいかを判断する材料にもなります。

やる気をアピールしながら自分が異動して働くイメージを固めていきましょう。

逆質問は自分がその職場で働く姿をイメージするために必要な情報を質問する。

まとめ

面接は自分の能力をアピールする場です。

出来る限り良いパフォーマンスを出来るようにしっかり準備していきましょう!

今日ご紹介した内容を踏まえて面接の練習をすればきっと良い結果が得られると思います。

今回の内容を整理すると以下の通りです。

面接で聞かれることと答え方

聞かれること
  • これまでの仕事は大枠⇒具体的案件⇒得られたスキル・経験の順で話す
  • 志望動機は簡潔に動機⇒理由の順番で話す。
  • 活かせるスキルは具体的スキル⇒活かした場面⇒今後活かせる場面の順で話す
  • 実現したいことは何を実現したい⇒理由⇒部署を選ぶ理由の順で話す
  • 今後のキャリアプランは目指す姿⇒得たこと⇒将来像との結びつきの順で話す

面接の受け答えのコツ

受け答えのコツ
  • 結論⇒理由⇒具体的の流れで端的に答える
  • 質問の意図が分からないときは聞き返す
  • エントリーシートと矛盾しない

面接に向けた準備

するべき準備
  • 面接の事前練習
  • 逆質問の準備
かりん

ポイントを押さえて、しっかり練習だね!

なおひ

ちゃんと練習すればきっと大丈夫!

近くに相談できる人が居ないときは無料カウンセリングでプロに頼むのもアリです。

\面接対策を無料で相談!/

SPARK CAREERのサービス内容・口コミはこちら↓

社内公募の合格に必要なものすべてを知りたい人はこちらの記事でまとめています。↓

本日の内容は以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク↓

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる