【準備~対策まとめ版】社内公募に合格するまでの道しるべ

かりん

社内公募の書類選考に絶対に合格したい!
でも何からやればいいんだろう…?

なおひ

合格する為にはいくつか準備と抑えるべきポイントがあるね
しっかり準備すれば合格の可能性は高められるよ

かりん

合格するための準備やポイントがあるのね!
そのポイントは是非知りたい!

社内公募への応募は自分の将来をより良いものにするために有効な手段です。

申し込むからには絶対に合格したいですよね?

そこで本記事では社内公募に合格するために必要な準備やポイントを全て紹介します。

実際に社内公募を受けて合格した僕の経験を振り返って解説します。

この記事の著者
  • 本業と副業を両立する会社員
  • プログラミングで業務効率化
    (残業時間80H⇒20H)
  • 社内公募に合格
    在宅勤務+ほぼ定時の働き方を得る

運営者プロフィール・Twitter(@Naohi99

この記事を読むことで以下の事が分かります。

この記事で分かること
  • 社内公募制度とはなにか?そのメリット/デメリット
  • 社内公募に合格するために必要な準備
  • エントリーシート、面接の対策と合格に向けたコツ

\将来のキャリアプランを無料で相談!/

目次

社内公募とは

かりん

社内公募ってどんな制度?

社内公募制度とはいかのようなものです。

社内公募とは?

人材が欲しい部署が社内で募集をかけ、応募してきた社員の中から異動させる社員を選ぶ制度

なおひ

いわゆる社内転職です。

 社内公募のメリットとデメリット

かりん

社内公募のメリットとデメリットって何?

社内公募のメリットは以下の通りです。

社内公募のメリット

  • 年収減のリスクが少ない
  • 未経験の仕事に挑戦するハードルが低い
  • 転職と比較して面接のハードルが低い
なおひ

転職と比べてリスクが少ない傾向があるのが社内公募です。

反対にデメリットは以下の通りです。

社内公募のデメリット

  • 社内の人間関係は継続
  • 実際に異動するまでに時間がかかる
なおひ

同じ会社内だから人間関係を断つのは難しいです

かりん

異動も今すぐ!っていうのは難しいんだね

社内公募制度やそのメリットデメリットの詳細はこちらの記事で解説しています↓

あわせて読みたい

社内公募での異動に向いている人

社内公募をオススメする人
かりん

社内公募ってどんな人に向いているのの?

社内公募が向いているのは以下のパターンに当てはまる人です。

社内公募が向いてる人

  • 未経験で新しい仕事をしたい人
  • 年収を下げたくない人
  • 会社は変えたくないが業務内容は変えたい人
なおひ

リスクを抑えて新しい仕事がしたい人は社内公募がオススメです。

社内公募が向いている人の詳細はこちらの記事で解説しています↓

あわせて読みたい

社内公募に失敗しないための準備

かりん

社内公募を受ける為には何を準備すればいいの?

社内公募を受ける時には大きく以下の2つの準備が必要です。

社内公募に必要な準備

  • 選考に合格するための準備
  • 職場で気まずくならないための準備

選考に合格にするための準備

かりん

社内公募の選考で合格するために必要な準備って?

選考合格に向けて必要な準備は以下の通りです。

選考合格に必要な準備

  • 志望動機を固める
  • 自分のスキルのたな卸し
  • 将来の希望について考える
なおひ

まずは志望動機を固めるのが最重要です

かりん

ここが全てのベースになるもんね

志望動機の考え方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。↓

あわせて読みたい

その上で自分のスキルをたな卸しし、将来について考えることが大切です。

なおひ

自分に今何が出来て将来何をしたいのかをしっかり考えるのが大事です。

かりん

今の立ち位置と将来の目標を明確にね!

失敗しないための準備の詳細はこちらの記事で解説しています↓

あわせて読みたい

職場で気まずくならないための準備

かりん

職場で気まずくならないための準備って何をすればいいの?

職場で気まずい状況に陥らないための準備は以下の通りです。

気まずくならないための準備

  • 周囲に理解者を作っておく
  • 上司との関係を良くしておく
  • 社内公募を受けていることは無闇に周りに話さない
なおひ

出ていく職場だからって関係をおざなりにすると逆に辛いので注意です。

かりん

出ていくからそこ気を付けないとね!

気まずくならないための対策はこちらの記事で解説しています↓

あわせて読みたい

社内公募の選考の対策

かりん

選考で合格するためにはどんな対策が必要なの?

社内公募の選考は大まかに以下のステップとなります。

STEP
書類選考

エントリーシートを提出

STEP
一次面接

志望先の課長と面接

STEP
最終面接

志望先の部長・課長と面接

STEP
合否連絡

最終面接から2週間後くらい

最初のエントリーシートと面接それぞれの対策をご紹介します。

エントリーシートの対策

エントリーシート
かりん

エントリーシートって何を気を付けて書けばいいの?

エントリーシートを書くときに意識すべきポイントは以下の通りです。

意識すべきポイント

  • 書いている内容の筋が通るように書くこと
  • 面接を意識して書くこと
  • 具体的なエピソードを混ぜること
なおひ

エントリーシートは面接にもつながるので喋りながら破綻しないような内容にするのが大切です。

かりん

書いている内容が矛盾しないように注意!

エントリーシートのポイントこちらの記事で詳しく解説しています↓

あわせて読みたい

面接の対策

面接
かりん

面接って何を聞かれるの?

面接の時によく聞かれる質問は以下の通りです。

面接の想定質問

  • これまでの仕事内容
  • 志望動機
  • 新しい仕事で活かせるスキル
  • 新しい仕事で実現したいこと
  • 今後のキャリアプラン
なおひ

これまでの経験とこれからのプランがメインです。

かりん

これまで積んだ経験と将来なりたい姿を語れればOKだね!

これらの受け答えをする上で合格に向けたコツは以下の通りです。

合格に向けたコツ

  • 聞かれたことに端的に答える
  • 質問の意図が分からないときは聞き返す
  • エントリーシートと矛盾しないこと
なおひ

簡潔な受け答えと会話のキャッチボールがカギです

面接に合格するコツはこちらの記事で詳しく解説しています↓

あわせて読みたい

社内公募で異動して感じた良いこと大変なこと

かりん

実際に異動したらどんな感じなんだろう?

社内公募で異動してみて良かったと感じた点は以下の通りです。

良かった点

  • モチベーションが上がる
  • 低リスクで新しい経験を積むことができる
なおひ

やはり希望した仕事を出来るのでモチベーションは上がります。

かりん

給料を減らさずに新しい仕事が出来るのも良いところ!

反対に異動してみて大変だった点は以下の通りです。

大変だった点

  • 人間関係はほとんど一から作り直し
  • 新しい仕事、職場の文化に慣れる必要がある
  • 異動までは時間が掛かる
なおひ

その職場での人間関係は作り直しなのはやっぱり大変でした

かりん

社内公募に限らず普通の異動や転職でも言えることだね

後は異動までの時間がやはりかかるのでそこは大変でした。

異動した後の振り返りはこちらの記事でしています↓

あわせて読みたい

社内公募での異動は裏切りになる?

かりん

社内公募での異動は裏切りだ!って言われちゃった…

なおひ

たまにそういう人いるよね

社内公募での異動は断じて裏切りには当たりません。

理由は以下の通りです。

裏切りではない理由

  • 会社のためになる
  • 負担の調整や人員の補充は部門長の仕事
  • 異動自体はよくあること
  • 自分のスキルアップを目指すことは悪いことではない
なおひ

その部署の人たちは苦しいかもしれませんが会社が成長をするための制度です。

かりん

自分のスキルアップをすれば会社の為になるもんね!

また、裏切りと言われないための対策は以下の通りです。

裏切りと言われないための対策

  • 直属の上司には話を通しておく
  • 引継ぎはしっかりと行う
  • 異動までの期間はキッチリ仕事を行う

裏切りではない理由はこちらの記事で詳しく解説しています↓

あわせて読みたい

社内公募に落ちてしまったら

社内公募に落ちた
かりん

社内公募受けたけど落ちちゃった…
どうしよう…

社内公募に落ちてしまう理由は大きく以下の通りです。

不合格の原因

  • スキル・能力が足りなかった
  • 面接での印象が良くなかった
  • 強力なライバルがいた
なおひ

落ちてしまった時は自分の足りないところをしっかり見つめ直すことが必要です。

かりん

この経験を次に活かしてやるー!

落ちてしまった経験を次に活かすためにやるべきことは以下の通りです。

落ちた時にやるべきこと

  • 自分のスキルを磨く
  • 希望する仕事・製品の知識を付ける
  • エントリーシートの作りこみと練習をする

落ちてしまう原因とその時するべきことはこちらの記事で詳しく解説しています↓

あわせて読みたい

社内公募に合格する人の特徴

かりん

どんな人が社内公募に合格しやすいの?

社内公募に合格しやすい人の特徴は以下の通りです。

合格する人の特徴

  • 募集要項にマッチした人材
  • 志望動機がはっきりしている
  • コミュニケーションが問題なく取れる
  • 新しいことを勉強する姿勢がある
  • ポジティブで明るい
なおひ

募集している人材にマッチしたうえで前向きな人材はやはり採用されやすいです

かりん

前向きな方が人として好かれやすいもんね

そんな合格しやすい人になるためにするべきことは以下の通りです。

するべきこと

  • 志望先の仕事で必要な知識を勉強する
  • 論理だてて説明できる志望理由を考える
  • ポジティブなマインドを持つ
なおひ

しっかりと将来を見据えて勉強すること、そしてポジティブなマインドを持つことが大事です

合格しやすい人の特徴とするべきことはこちらの記事で詳しく解説しています↓

あわせて読みたい

まとめ

社内公募は人生をかえる一つのチャンスです。

失敗しないためにも今回紹介したような準備をしっかりしたうえで臨みましょう。

なおひ

良い結果が得られることを期待しています!

将来のキャリアについて相談相手が欲しい人は無料カウンセリングでプロに頼るのも一つの手です。

\将来のキャリアプランを無料で相談!/

社内公募含め仕事環境を変えたい人はこちらで変える方法とするべきことを解説しています↓

本日の内容は以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク↓

にほんブログ村に参加しています!良ければ応援ポチ頂けると嬉しいです↓

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる